So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年 ワンピースとコラボ・京都大覚寺幽玄ツーリング

10月18日 会社は休みだが大覚寺でワンピースとコラボ展を実施してるとの情報を得行ってみる事に。午後2時には東京出張で戻らなければならないが、、、

 コラボ展は10月22日までで、相当混雑するとの事で本日のチャンスを活かすことに。

バイクをかっ飛ばし10時出発。1時間ちょっとで大覚寺到着。途中造園業者さんの入り口にモアイみたいな石造が飾ってあったのでパシリ!


d1_R.JPG



d2_R.JPG


大覚寺駐輪場にバイクを止める。


d3_R.JPG


参道を進むとワンピースの案内板だらけ。


d4_R.JPG


全くの和風庭園の中にアニメの看板も違和感があり過ぎて面白い!


d5_R.JPG


集英社と京都市の全面コラボとの事。なぜ大覚寺なのかは不明。土日は相当混雑するとの事。平日の11時過ぎだがかなりの見物人。しかもワンピースとあって海外の方々が多い。


d6_R.JPG


大覚寺門をくぐって中へ。拝観料は500円・・後で思えば相当安いと思えた


d7_R.JPG


入るとすぐにワンピースと歴史上の出来事がコラボした衝立がどんどん出てきます。


d8_R.JPG



d9_R.JPG


貼付け用のコラボ御朱印紙は売り切れてました!


d10_R.JPG



d11_R.JPG


大覚寺は初めての参拝ですが、ワンピース展をやっていなくても非常にいいお寺だと感じました。


d12_R.JPG



d13_R.JPG



d14_R.JPG



d15_R.JPG


いまや襖絵もアニメになりにけり。。。。


d16_R.JPG


中庭を囲む村雨(むらさめ)の廊下も素晴らしい!!


d17_R.JPG


御影堂。ここでいったん敷地におります。この前に石舞台があり普段はその前の庭は白石庭園と呼ばれてますが、期間中は巨大なワンピースの枯山水画が描かれてます。


d18_R.JPG



d19_R.JPG



d20_R.JPG


50cmほどの高さの石舞台からカメラを高く掲げ精一杯撮った写真がこれ


d21_R.JPG


前方の門は 勅使門


d22_R.JPG


なんかよくわかりませんが、舞台横に上部から撮影した写真がありました。全貌はこんな図です。


d23_R.JPG


この巨大枯山水画が見れるように高見台があるかと思ったのです、、、残念でした。


d24_R.JPG


次の安井堂、五大堂にもワンピースの絵巻が。


d25_R.JPG



d26_R.JPG



d27_R.JPG



d28_R.JPG


最後に五大堂から見る大沢池。木製のステージが設けられていて池を望むには絶好の場所です。


d29_R.JPG



d30_R.JPG

ちょうど12時半になったので今から尼崎に戻り出張の段取りをしなければ。またあっという間に戻るのですが、大覚寺は紅葉の季節にもう一度行きたいお寺となりました。




nice!(56)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

2017年 京都・パワースポット!天の岩戸くぐりと幻の銅閣寺ツーリング

暫く国家資格の勉強の為ブログはおろかネットも控えてましたが、試験も終わりやっと解放されましたー。

また普通にUPするとともに皆さんのブログにも訪問していきますので宜しくお願いします。

10月11日 京都の東山区の山奥に天の岩戸伝説がある日向神社があるとの事で行ってみる事に。


最近様子をUPしていない訪問スズメもまた増えてきました。ベランダのBSアンテナ周りに数匹がとまり様子を見てから部屋に侵入してきます


h1_R.JPG



h2_R.JPG


いまだに朝7時にこの光景が続いています。パンを十分に与え出発。

名神尼崎ICから京都東でおり地方道143号を西へ。 軽自動車がやっと通れる山道へはいりひたすら進むと日向神社に到着。途中他人の敷地へ続く道路と知らず上り坂でUターンしたら見事に立ちごけ!このバイクで2回目。同じ右側でショートカウルが傷だらけになってしまった。

これはちゃんとお参りしておかないと。。。。。 


日向神社のパーキングにバイクを止める。平らな場所はここぐらいであった。


h3_R.JPG


山の中の小さな神社だが、社殿は伊勢神宮にも負けず劣らず立派な造り。


h4_R.JPG


ちゃんと外宮・内宮とそろっています


h5_R.JPG



h6_R.JPG



h7_R.JPG



h8_R.JPG


目的は社殿ではなくここ。そうパワースポットと呼ばれてる天の岩戸へ


h9_R.JPG


すぐに天の岩戸に到着。


h10_R.JPG


なんとなく炭焼き小屋ふうな・・・・


h11_R.JPG


一礼してさっそく岩戸くぐりを体験。中はちょうどL型に曲がっていてその角に天手力男(あめのたじからおのみこと)を祀る戸隠神社が。


h12_R.JPG


天手力男は天の岩戸に隠れた天照大神を外へ出す為に重たい岩戸を開けたとか。


出口はこんな感じ


h13_R.JPG


やはり失礼だが炭焼き小屋にしか見えないが。 2回くぐりましたが、バイクの立ちごけが悔やんで晴れ晴れな気にはなれませんでした!


h14_R.JPG


気分転換の為、近くの八坂神社によりその南側に鎮座する大雲院に寄ってみる事に。


h15_R.JPG


この中に祇園祭に登場する鉾を模した祇園閣とよばれる楼閣があります


h16_R.JPG



h17_R.JPG


奥の塔みたいなものが祇園閣でたまーに公開されるそうですが基本非公開になっていて知らない方が多いかも。


h18_R.JPG


本当に鉾の形をしてますねー。 建築家・伊藤忠太氏の設計で今では国登録有形文化財に登録されています。


h19_R.JPG

金閣・銀閣に続く幻の銅閣寺と呼ばれていて、テレビ番組の〇×クイズで出題されたそうだ。正解は銅閣寺も存在する・・・答えは〇


一般的ではないようで知らない方のほうが多いと思うが、まだまだ面白い神社仏閣はありますねー。



nice!(40)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

2017年 だんじりの町岸和田・岸和田城八陣の庭見学ツーリング

9月27日 先日テレビで岸和田城から見下ろす八陣の庭が素晴らしいですとの放送を見てバイクを駆り出す事に。


阪神高速湾岸線の岸和田南ICを降りるとすぐに岸和田市役所に。ここでバイクが止められるという事でバイクを止めて岸和田城へ。


k1_R.JPG


櫓門。 もともとは猪伏山という丘に築城され、別名千亀利城との事


k2_R.JPG



k3_R.JPG


入城は300円。城にしては安い方かな?でも近くのだんじり会館は入館料600円でさすがにだんじりの町


k4_R.JPG


堀の様子。


k5_R.JPG



k6_R.JPG


早速櫓門より入城する。


k7_R.JPG



k8_R.JPG


天守閣は3層構造でそう大きくはない。でもその前にある巨大枯山水庭園が見どころとの事で外周を回ってみる


k9_R.JPG



k10_R.JPG


巨大枯山水は砂庭式枯山水庭園で八陣の庭と呼ばれてる。設計は重森三玲で諸葛孔明の八陣法をテーマに中央の大将、その周りを天・地・風・雲・鳥・蛇・龍・虎の各陣の石組を配置してる


k11_R.JPG



k12_R.JPG



k13_R.JPG






k14_R.JPG


まあ下で見るとこんな感じだろう。


k144_R.JPG


小天守閣から300円払って入城する事に。


1階2階は展示室、3階まで階段で上がる。(多分築城中の尼崎城もこんな感じになるなだろうなーと思いつつ)


k15_R.JPG


天守閣外部に出てみる。岸和田市内が一望できる。


k16_R.JPG



k17_R.JPG


先ほど見た西側の八陣の庭を見下ろす。


k18_R.JPG



k19_R.JPG


手前のフェンスが邪魔で、カメラを上に掲げてシャッターを押す。八陣の庭は俯瞰を予定して設計されていて上から見る事を前提に設計されてるので、庭の形・石の配列が良くわかる。


k20_R.JPG


形がなんとなく北海道に似てるので係りの方に何か関係ありますか?と問いましたが全く無関係との事でした。


皆さんこの庭をみる為に城に来てるような感じで、今築城中の尼崎城もこのような見どころを造ってくれたらなーと願いつつ退城するのでありました。



nice!(57)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。