So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年 絢爛豪華!奈良・平城京天平祭に行ってきましたー

5月3日 本日は奈良平城京で開催される天平行列を見にいく事に。昨年は仕事で残念ながら見れなかったが今年は水曜と重なり行ける事に!


ネットで高速渋滞情報をみると道路がまっかっか。バイクさえ停める所がなさそうなので本日は運転手付の車両で。阪神杭瀬駅より大物駅経由で近鉄大和西大寺へ。


大物駅で東花園行にのり大阪難波で急行に乗り換え大和西大寺に。阪神電車と近鉄が相互乗り入れで奈良に行くのに大変便利になりました。


h1_R.JPG


1時間ぐらいで西大寺駅に到着。



h2_R.JPG


東の東大寺に対して西は西大寺、でも西大寺には一度も行った事が無い。



h3_R.JPG


駅から平城京跡までは歩いて15分位。西大寺駅ではそのまま奈良駅まで乗ってる乗客の方が多かったが(たぶん平城京跡でイベントをやってる事を知らない方が多いのでは?)、知ってる方も多く歩道上が人の行列状態。



h5_R.JPG


平城京跡に着きました。見たい天平行列は11時スタート。あと20分位余裕あり。



h6_R.JPG


平城京はたった70年余りで長岡京へと遷都。 70年あまりで色んな建物が建立され凄い時代であったと推測されますね。



h7_R.JPG


奈良にリニアを呼ぼうとゆるきゃらも頑張ってます。



h8_R.JPG


天平衣装の体験コーナーが人気をよんでました。天女のような衣装は惹かれますねー



h9_R.JPG


朱雀門の方。 行列が通るルートです



h10_R.JPG


こちらは大極殿側。カラーコーンの間を400名あまりの天平衣装で着飾った行列が通ります。 まだまだガラガラですがあっという間にコーンの両サイドは見物人で埋まりました



h11_R.JPG


11時になりました。多少整列するのにぐたぐた感がありましたが衛士隊からのスタートです。



h12_R.JPG



h13_R.JPG


蝶に扮した子供も参列してます。あとで元明天皇の御前で蝶の舞を披露する事に。 でも今日の暑さで整列するまでにかなり疲れてたようです。



h14_R.JPG


雅楽隊です。西宮の雅楽会の方々との事。色んな所から参加されてますね!


h15_R.JPG



h16_R.JPG


男性百官です。当時から色で階級が分けられていて高い順に紫・赤・緑・青です。私のGSRのきれいな青色は、、、一番低いってかー? 


h17_R.JPG



h18_R.JPG



h19_R.JPG


元明天皇の輿がきました。 今皇室では色々ありますが古来日本では女性天皇の時代もありました。推古天皇~後桜町天皇まで8人が即位し、なんと天平時代の70年余りの間に3人の女性天皇が即位されてました。 天平時代の最初の女帝が元明天皇で、このイベントではかなり厚遇されてるようです。


h20_R.JPG



h21_R.JPG


王冠をかぶられてます。第28代ミス奈良の方との事



h22_R.JPG


少納言、命婦、従侍と続きます。少納言は奈良市長で命婦はこれまた27、28代のミス奈良の方です。やはり皆さん綺麗です。というか本来の目的は着飾った綺麗な方々の見学というか、、、、



h23_R.JPG


長さしば隊。(一般公募の方々)でっかいうちわみたいなのがさしばと呼ばれるもので、高貴な方のお顔を隠すための物だとか。


h24_R.JPG


うーん、後ろ姿も美し~です。



h25_R.JPG


元正天皇の列が来ました


h26_R.JPG


第27代のミス奈良の方で後ろの女官は県内の高校生との事。


h27_R.JPG



h28_R.JPG


聖武天皇です。ここはさらっと、、、、


h29_R.JPG


女官は大和ハウスの社員とか。ご苦労様です。


h30_R.JPG


光明皇后です。松竹芸能の藤原宏美さんとの事ですがどおりで笑顔が素敵でした



h31_R.JPG


着こなし、立ち振る舞い慣れているせいか美しい!!



h32_R.JPG


女官はロート製薬の方々


h33_R.JPG


孝謙天皇です。第26代ミス奈良の方です



h34_R.JPG


女官は南都銀行、奈良信用金庫の方々。



h35_R.JPG



h36_R.JPG



h37_R.JPG



h38_R.JPG


称徳天皇です。先の孝謙天皇の再即位の重祚(ちょうそ)です。



h39_R.JPG



h40_R.JPG


まだまだ続きますが大極殿前に列が並び始めたのでそちらに移動します。 いろんな色の衣装が集合していて鮮やかと言うか荘厳です


h41_R.JPG



h42_R.JPG


皆さんが大極殿側を向きました



h43_R.JPG


元明天皇と命婦、少納言が登場し平城遷都之詔が読みあげられるようです



h44_R.JPG


それ以外の天皇は右に集合


h45_R.JPG



h46_R.JPG


方(まさ)に今、平城の地、四禽図(しきんと)に叶い、三山鎮を作す。亀筮(きぜい) 並びに従う。宜しく都邑(とゆう)を建つべし と述べられました。


意味は 平城の地は東西南北の守護神に守られ、三方山々に囲まれた縁起の良い土地である。占いに従ったものだ。さあ共にいい都づくりをしよう 


宜しく都邑を建つべし  の大合唱。


h47_R.JPG


その後 蝶に扮した子供達の舞が雅楽とともに披露されました。張りつめた雰囲気の中微笑ましかったです。


h48_R.JPG


元明天皇がさがられます。長さしば隊がさしばで隠す為寄ってきました


h49_R.JPG


これで一連の行事が終了です。各天皇が同じルートで戻られます。子供達も安堵ですね


h50_R.JPG


こんな大太鼓もありました


h51_R.JPG


巨大画面で一連の様子も映してました。


h52_R.JPG


行列が戻る間、一気に撮影タイムとなりました。やはり元明天皇周りには大勢のカメラマンが取り囲みます。



h53_R.JPG



h54_R.JPG



h55_R.JPG



h56_R.JPG


テレビカメラも密着状態です。



h57_R.JPG


取りあえず天平行列は終了で、ここからは各グループごとの記念写真タイムとなりました。親族、友人達が写真を撮りまくってます。服装は古式ゆかしいのですがやはり現代人ですね!ピースサインやはいチーズのオンパレード。


h58_R.JPG



h59_R.JPG



h60_R.JPG



h61_R.JPG



h62_R.JPG



h63_R.JPG



h64_R.JPG



h65_R.JPG


天平行列は初めて見ましたがなんかめっちゃ奈良の方々が羨ましく思いましたよ! 単なるイベントではなく京都の3大祭り(時代祭り、葵祭、祇園祭)と並ぶくらい長く続く祭りになればと願います



2017年 絶景第一弾!花の絨毯・満開の芝桜ヤマサ蒲鉾ツーリング

4月30日 2連休の取れたGW2日目 本日はテレビニュースで放送していた姫路市にあるヤマサ蒲鉾夢前工場へ。


29日も休みが取れたので皆さんのブログを参考にチェーン掃除をしてたしだい。そもそも面倒くさがり屋でGSR買って2年(走行距離2万km)過ぎるが掃除は2回オイル交換2回、チェーンに至っては注油ぐらいで掃除なんかしたことも無かったが、、、


掃除・注油後チェーンがこんなに綺麗だと今更ながら気づく。走行フィーリングも良くなったし、ローギアに入れた時の変なリアクションも無くなったし早くやっておけば良かった


GW2日目であるが、休日あるあるで本日は全く渋滞なし。嘘のように高速がすいている。いつも渋滞する中国自動車道の宝塚ICもガラガラ。


社PAで休憩。ここもガラガラ


y1_R.JPG


ヤマサ蒲鉾へは中国自動車道の夢前スマートICでおりると一番近いのでそこで高速をおりる事に。ETC専用車だけのICであるが単純にゲートのバーがあるだけ。屋根も無ければ係員ブースも何もない。ここでトラブったら大変だなーと思いつつ県道67号線を南下


y2_R.JPG


暫く道なりに行くと夢前町へ。夢前という名前がいい。夢の手前。。。。


y3_R.JPG


y4_R.JPG


清水橋を渡ると看板が見えてくると同時にこの一帯だけ大渋滞!延々と車が数珠つなぎ。この渋滞は工場入り口から続いてるようでバイクは大丈夫だろうと追い越して進むと案の定バイクだけは敷地内に簡単に駐車できました。

車の後ろで真面目に並んでいると多分1時間以上待機状態になるのでバイクはドンドン先に進むべし


y5_R.JPG


ヤマサ工場内のバイク置き場


y6_R.JPG


社屋


y7_R.JPG


入り口には巨大なカニの爪のオブジェが。


y8_R.JPG


さすが蒲鉾工場ですね。


y9_R.JPG


姫路市はジャコウアゲハの里でもあるらしい。


y10_R.JPG


y11_R.JPG


蒲鉾作りの体験も出来ます


y12_R.JPG


ヤマサのゆるきゃらのさっちゃん。中でお子さんたちが遊んでます。


y13_R.JPG


y14_R.JPG


足湯もありますがさすがに今日の暑さでは人気ないですねー


y15_R.JPG


ぐだぐだ述べましたがわざわざ来た理由はこれです


y16_R.JPG


そうヤマサの敷地内に壮大で鮮やかな芝桜が育てられているのです。それをなんとGW期間中無料で開放(駐車場も無料)していて見ないわけにはいかなくなって本日見学に来たしだい。


y17_R.JPG


y18_R.JPG


斜面地を上がっていくと、、、



y19_R.JPG


まるで紅白の絨毯が敷き詰められたような芝桜が間近に!


y20_R.JPG


y21_R.JPG


斜面地で育てるのは大変だと思います。


y22_R.JPG


強大な魚のオブジェも。魚の種類には疎いので名前は知りませんが蒲鉾になる魚ですね。


y23_R.JPG


y24_R.JPG


延々と続きます。ヤマサの巨大ゆるきゃら人形も見守っています。


y25_R.JPG


y26_R.JPG


帰って写真を整理してる時に気づきましたが、人形は移動していたようです。


y266_R.JPG


芝桜の小道から芝桜広場へ移動してみます


y27_R.JPG


玉虫を育てているような小屋もあります


y28_R.JPG


そこを抜けるとまたまた鮮やかな絨毯があらわれました


y29_R.JPG


凄い!綺麗!の言葉しか出てきません。  子供は花より水遊びに夢中なようです


y30_R.JPG


y31_R.JPG


コンパクトデジカメなので綺麗に撮れません。実際はもっと鮮やかなのですが。。。


y32_R.JPG


y33_R.JPG


充分目の保養をしたので戻ります。


y34_R.JPG


y35_R.JPG


y36_R.JPG


企業価値の向上のために行ってると思うのですが、それにしても凄いです。まだまだ土地があるようでそのうち日本最大の芝桜となるかもしれませんね?


見れるのは5月中旬ぐらいまでで、バイクで行かれる方はとにかく渋滞を追い越して工場まで進んで下さい。


帰りも夢前スマートICより中国自動車道へ。加西SAでコーヒータイム。


y37_R.JPG


y38_R.JPG


久しぶりの長距離(240km)ツーリング(笑われそうですが)でしたがチェーン掃除のおかげかどうか?すごく燃費が伸びました。 

たまには愛車のメンテも必要と思いつつGW後半の行先を思案中です。



2017年 スズメ再来!と川西野間の大ケヤキ~高槻市最大!今城塚古墳跡ツーリング

4月23日 快晴の中、川西の大ケヤキを見にいく事に。 国道477号線沿いにあるとの事だが今まで何度も通ってる道なのにこんなものがあるとは全く気付かなかった。


いつものようにツーリング支度をしているとどこからともなくスズメの鳴き声が!!  先日ブログでマンション管理会社が鳥よけ対策で全戸のバルコニー側にネット工事実施とUPしたが、、、


そのネット (約3cm角のネット)  工事完了後はBSアンテナ周りに扇状にスズメが止まっていましたが結局ベランダに入れず諦めてどこかへ去って行ってました。


k1_R.JPG


スズメが来なくなってから10日あまりたつが、、、、


k2_R.JPG


ところがご覧のとおり。どこからともなく2羽のスズメがちゃっかりと進入


k3_R.JPG


以前のようにパンを与えましたが、この2羽以外のスズメは一切来ません。他のスズメはネットが危険と察知し離れて行ったようです。


ベランダから飛立つ時は一旦手すりの天端に止まり羽を閉じた状態でネットを通り抜け羽ばたいて行くようですが、入ってくる場合はどのようにして進入してるかが不明です。今後その瞬間を見たいと思います。


k4_R.JPG


スズメはさておき12時尼崎を出発。国道173号線で川西市にはいり、一の鳥居交差点を右折 国道477号線に入る。


k5_R.JPG


道なりに北上すると野間の大ケヤキに到着


k6_R.JPG


k7_R.JPG


確かにでかい!無料の駐車場や資料館も併設されていて休憩やトイレにも心配なし。


k8_R.JPG


k9_R.JPG


k10_R.JPG


ケヤキに関しては日本全国どこにでもここが日本一と言うくらい巨木があるようだが、基準がわからない。高さなのか幹回りか樹齢なのか?


ここのは幹回り14m 高さ30mと数字上では大したことなさそうですが枝振りがよく大阪府下では1番、全国で4番目の大きさの事


k11_R.JPG


k12_R.JPG


k13_R.JPG


桜とのツーショット


k14_R.JPG


次に国道171号線まで戻り高槻市方面へ。大畑交差点を左折し北上すると今城塚古墳に到着


k15_R.JPG


k16_R.JPG


k17_R.JPG


古墳の周りは公園として整備され市民の憩いの場所となってます。


k18_R.JPG


堀も一部残っててこんもりと生茂ってる部分が前方後円墳の方の部分です。前方後円と言いながら図では鍵穴みたいに上側に円の部分を配置するので前円後方墳ではないか?と思ってしまうのは私だけ??


k19_R.JPG


k20_R.JPG


埴輪のステージが再現されてます。手前の多数の土管みたいなのは邪気が古墳内に入らないようにするための結界みたいな物らしい。


k21_R.JPG


k22_R.JPG


武士でしょうか? 大魔神みたいですが可愛い顔です


k23_R.JPG


ニワトリと力士?


k24_R.JPG


k25_R.JPG


k26_R.JPG


銅鐸みたいな物から高床式倉庫みたいなものまで、これらは全部再現品です。


k27_R.JPG


k28_R.JPG


公園内の高台から見たところ


k29_R.JPG


埴ステージと今城塚古墳


k30_R.JPG


日本中にある古墳もこのように市民に開放し集える場所になればもっと古墳も身近に感じれるのではないでしょうか?


今回は二つの巨大なものの見学ツーリングでしたが次回は綺麗なものを見にいくツーリングとなればと思案中。(でもGWに突入すれば混雑だけで疲れるかも?)





2017年 西宮砲台~三宮ハーバーランドプチツーリング

4月19日 ポートターミナルにセレブリティミレニアム号を見に行く時に立ち寄った場所をUPする事に。国道43号線を西宮方面へ、建石交差点を左折し海側へ直進すると西宮砲台に到着


n1_R.JPG


n2_R.JPG


防波堤の一部が階段になっていてそこから砲台へ行けるようになっている。


n3_R.JPG


n4_R.JPG


かなり巨大な砲台です。高さ12m直径17m まるでスーパーマリオの土管みたいな、、、


n5_R.JPG


n6_R.JPG


基礎は松の杭1000本も打ちこんでるとの事で、これは厳島神社の海中鳥居の基礎と同じようなものか? 海をまもるのであれば陸側の砲眼は要らないような気もする。


n7_R.JPG


完成後に大砲の試射で煙が内部に充満し実際に使われることがなかったとか。排煙装置みたいなものは着いていなかったのか?


その後セレブリティミレニアムを見学後、三宮のハーバーランドヘ。


n8_R.JPG


ハーバーランド広場入り口にエルビスプレスリーの銅像が。もとは東京の原宿にあったものを2009年にここに設置したとの事。それにしてもバランスが悪いような?実物はもっと背が高くてシャキッとしていた記憶がある。


n9_R.JPG


n10_R.JPG


広場へ行ってみる


n11_R.JPG


真正面に跳ね橋が見える。ゴッホの絵を参考にしたのかな。


n12_R.JPG


跳ね橋にはちゃんと名前がついてました。


n13_R.JPG


その名もずばり はねっこ。


n14_R.JPG

向こう岸はJRの資材置き場で、その前がユーモアディスプレイという名前がついてますが、、、


n144_R.JPG


そう この倉庫で働いてる方々がディスプレイそのもの。年中働きっぱなし!!というかマネキンに作業着ヘルメットをかぶせ仕事をしているように見せてるのです。


n15_R.JPG


n16_R.JPG


パッと見には分からないですが面白いことを考えますね!


n17_R.JPG


こちらはディスプレイではなく本物の巨大サルベージ船。


n18_R.JPG


モザイクガーデンに来ました。


n19_R.JPG


ここで最初に目を引くのが旧新港第五突堤信号所です


n20_R.JPG

大正10年に設置 高さ46.3mで当時では東洋一の高さをほこっていたとの事


n21_R.JPG


観覧車もあります。 夜は電飾でかなり綺麗です


n22_R.JPG


ここからメリケンパークも一望できます


n23_R.JPG


変わった形のオリエンタルホテルも一望できます


n24_R.JPG


がなんといってもここからでもセレブリティミレニアムの煙突部のBIG Xのマークが見えます。


n25_R.JPG


最後にこんなモニュメントもありました。


n26_R.JPG


n27_R.JPG

なんと大正8年に当時の川崎造船所社長が8時間労働を制定していたのですねー


それにしても平日と言うのにアベックばかり。おっさん一人では居づらいので早々と退散する事に。






2017年 神戸港豪華巨大客船第五弾!セレブリティ・ミレニアム号見学ツーリング

4月19日 本日深夜0時50分にまたまた巨大客船セレブリティ・ミレニアム号が入港するという事で見にいく事に。当然そんな早朝には行けないので13時にゆっくりと出発

阪神高速の京橋ICでおりポートターミナルに到着。クイーンエリザベスやサファイヤプリンセス号と違って全く見物人がいないのはさびしい限り。 入港・出港が早朝深夜ならしかたないか!

s1_R.JPG

セレブリティ・ミレニアムの船尾はほぼ垂直。このスタイルがかっこ悪いという見物人もいるようだ。私的にはこの客船のデザインは気に入りました。

s2_R.JPG

もう巨大さには慣れてしまってる自分がいて、最初にノーティカ号を見た時の感激がだんだん薄れてきている。

s3_R.JPG

いつものインフォメーション。客船の規模としてはクイーンエリザベスとほぼ同等。

s4_R.JPG

ポートターミナル内からの様子。

s5_R.JPG

比較的新しい船体のように見える。 2000年に就航したのでミレニアムと名付けられたとの事。

s6_R.JPG

s7_R.JPG

紺色の丸窓部分はレストランのようだ。

s8_R.JPG

中央部分にシースルーエレベーターが設えてある。

s9_R.JPG

煙突部分のデザイン。各船この部分に気を使ってるようだ。

s10_R.JPG

最上部は大きく跳ねだしていて一部の床は丸くガラス張りで海上が見えるように出来ている。

s11_R.JPG

s12_R.JPG

s13_R.JPG

船首側

s14_R.JPG

救命艇。これはどの客船もほぼ同じ規格のようです。色も国際基準? 結局この救命艇が船体のデザインをぶち壊してると思うが、、、

s15_R.JPG

s16_R.JPG

丸窓が特徴? 船首側は大きなガラス窓にした方が景色も見れると思うが、、、

s17_R.JPG

s18_R.JPG

どの客船もこの角度から見ると船というより横長マンションってな感じ。

s19_R.JPG

s20_R.JPG

煙突部分の巨大 X のデザイン。いわゆるBIG X!その昔そんなテレビマンガがあったような。

s21_R.JPG

それにしても観客がいないのは残念であるが明日の出港には音楽隊が登場するのでちょっとは賑やかな出港式になるのでは?

当分の間、巨大客船はダイヤモンド・プリンセス号が頻繁に神戸港に入港するようだが7月に別の巨大客船が予定されてるのでまた見に行けたらUPします


2017年 日本一低い山・楽々登頂ツーリング

4月16日 久しぶりに休日と好天が重なるツーリング日和。 でも本日10時よりベランダに鳥よけのネット工事があるとの事で管理会社より連絡あり自宅待機状態。

12時過ぎに工事完了。これでスズメの訪問も無くなるがしかたないかー。

普段奈良方面へ行く場合、阪神高速の天保山をよく通過するがその天保山公園内に日本一低い山があるとの事で行ってみる。

13時出発。国道43号線の弁天町あたりを西へ。ちょうど海遊館とおなじ方向にいくと25分位で天保山公園に到着。公園内の桜は散り始めぐらいに。

t1_R.JPG

かなりの方々が公園を散策してますが皆さん全く桜を見ていません。スマホを必死で覗き込んでる姿は異様で・・・・・多分天保山公園はポケモンGoのメッカになってるようです。 

観覧車の向こうに海遊館(巨大水族館)があります

t2_R.JPG

いつのまにか日本一低い天保山の頂上らしき所に到着しました!斜面を登るとか長い階段を上がるとか全くありません。左側の石碑は1868年4月18日に明治天皇がここで観艦式をおこなった行幸記念碑で、天保山の山頂はそのすぐの右の地面です。

なんと!山頂を公園内の高台より見下ろしています(笑)

t3_R.JPG

天保山の標高4.53m!!

t4_R.JPG

t5_R.JPG

これを山といっても良いのかどうか、、、 でもちゃんと国土地理院の三角測量点の杭があります。

t6_R.JPG

t7_R.JPG

帰宅後にネットで調べると残念ながら、2014年の調査で日本一の低い山の記録は宮城県仙台市の日和山になったようで標高たったの3m。 ここの看板の作り変えはしないのでしょうか?

ここまできたらついでに堺市の大浜公園にも行ってみます。4年程前にTDR250でいった大浜公園にも低い山があった記憶があり。  阪神高速の堺でおり一般道へ

t8_R.JPG

なにげない川に鯉のぼりが泳いでました。

t9_R.JPG

大浜公園に到着。写真をとってるとマダムみたいな方に声をかけられ、、、てっきりバイクが邪魔だと声をかけてきたと思いきや「かっこいいバイクですねー」って。 喜んでいいのかどうか?

t10_R.JPG

t11_R.JPG

この公園内にも蘇鉄山という低い山があり、公園内を3分くらい歩くと到着。 こんもりとしたところが蘇鉄山です。

t12_R.JPG

登山口に来ました。覚悟して登ります。

t13_R.JPG

20秒で登頂!

t14_R.JPG

山頂の様子。

t15_R.JPG

蘇鉄山の標高はなんと6,97m! 天保山とは兄弟分になるとの事でしかも天保山は人工の山と書いてある。

t16_R.JPG

ここもちゃんと三角点があります。

t17_R.JPG

t18_R.JPG

t19_R.JPG

さて下山しますがこのながーい斜面?を一気に下ります。

t20_R.JPG

あっという間に下山完了。

t21_R.JPG

公園内を散策してるとこんなものもありました。

t22_R.JPG

これがラジオ塔ですがどのように使ったのか不明です

t23_R.JPG

ほかにも公園内には菖蒲園がありいずれ紫の花が咲くことでしょう。

t24_R.JPG

このあいだの日本3大大仏のうち2大仏の見学完了と同様、今回も日本3低山のうち2低山の制覇!鎌倉の大仏と同様に仙台市の日和山も今後の為に残しておこう。


2017年 淀川背割堤の桜・絢爛!京都花見ツーリング

4月12日 曇天の中、昼から好天するらしい天気予報を信じ花見ツーリング決行。行先はさほど混まない京都八幡市のかわきた背割運動公園へ。

名神尼崎から大山崎ICでおり国道478号線のルートで。

久しぶりの吹田SA。ここでも桜が満開です

y1_R.JPG

国道478号線から御幸橋をわたると、最近出来たばかりの さくらであい館に到着。ここでバイクを止めるが・・・ま~花見客の多いこと多い事。車は駐車場に入る為延々と1車線をふさいでいるしクラクション鳴らしっぱなしで喧騒状態。

ゆっくり見れると思ってましたがその思いは瞬殺で吹っ飛び。平日というのに凄い人ごみ。

y2_R.JPG

y3_R.JPG

この場所はちょうど木津川と宇治川、桂川の3川が合流して淀川になる場所で、背割りの堤にソメイソシノが1,4kmにわたって250本植えられてます。

y4_R.JPG

さっそく喧騒の中、横断歩道を渡って桜並木に入ります。

y5_R.JPG

y6_R.JPG

花曇りで桜が綺麗に見えませんが時折りの日差しで艶やかに照らし出します。

y7_R.JPG

y8_R.JPG

y9_R.JPG

こんな俳句の碑もありますが詠み人知らずです。

y10_R.JPG

こんな桜のトンネルが1,4kmも続いています。凄い!

y11_R.JPG

y12_R.JPG

堤防から降りて河川敷から桜並木を見てみます

y13_R.JPG

だんだん青空も顔を出してきていい感じです

y133_R.JPG

y14_R.JPG

y144_R.JPG

御幸橋の上からも見てみますが堤上に延々と桜並木が続きます

y15_R.JPG

風でかなり花びらも散っていて地面がまるで雪が積もってるようです。

y16_R.JPG

y17_R.JPG

y18_R.JPG

さくらであい館に戻り缶コーヒータイム。

y19_R.JPG

y20_R.JPG

展望タワーが無料で開放されていましたので並んで上がってみます。10分位ならんでようやく展望階へ。

y21_R.JPG

展望台からは桜並木と人の波と車の列が一目瞭然。一番綺麗なのは?やはり桜ですね!

y22_R.JPG

上からみると本当に桜のトンネルが何か巨大な芋虫みたいに横たわって見えます

y23_R.JPG

y24_R.JPG

御幸橋の様子。普段はこんなに渋滞してません。 私のバイクもみえます

この橋の左突当りが石清水八幡宮です。

y25_R.JPG

望遠で見ると一部社殿も見えます。

y26_R.JPG

1978年河川改修後に植樹された桜により、単なる堤防から観光客が大挙する堤防になるとは誰も思っていなかったのではないかと思います。自然破壊は一瞬ですが自然を育てるのは労力と年月が必要ですね!

あと1回くらい花見ツーリングが出来ればいいですが・・・・?


2017年 ピサの斜塔を凌ぐ日吉神社・博多出張プチ見学

4月11日 雨天模様の中、博多日帰り出張。帰りは余裕をもって17時半の新幹線にしていたのだが仕事が早く終わり16時に博多駅に到着。

自由席で早く帰るって考えたが、以前ヤフーか何かで博多の日吉神社の事が掲載されていた記憶があり行ってみる事に。 ピサの斜塔なみに神社のあるものが超傾いていると。。。

博多ステーションビル。どことなく札幌駅ビルに良く似ている。

h1_R.JPG

h2_R.JPG

駅の筑紫口から歩いて20分、霧雨の中ようやく到着

h3_R.JPG

一の鳥居 傘をさしてるが霧雨でカメラのレンズに水滴が直ぐ付着し、レンズふきながらの撮影。

h4_R.JPG

h5_R.JPG

参道の桜も満開ですがもう散り始めてるようです

h6_R.JPG

h7_R.JPG

拝殿に着きました。

h8_R.JPG

方除けにも御利益があるとの事。

h9_R.JPG

h10_R.JPG

境内には山王稲荷神社もありますが、、、、目的はこれらではありません。

h11_R.JPG

問題の手水舎。この角度からではそんなに違和感がないですが・・・・・・

h12_R.JPG

でも横から見ると、、、なんじゃーこりゃー

h13_R.JPG

傾いたのではなく明らかにかたむけて建てられています。柱の長さも左右で違っていてそれにバランスさせるように屋根がずれてるかと思いきや、屋根もそのまま傾いてます

h14_R.JPG

よくぞ熊本地震で倒壊しなかったものだと感心するばかり。この手水舎の高さと傾きが丁度よいバランスなのかも? 2~3倍の高さなら倒れてるかもしれません。

h15_R.JPG

境内の様子。ここから見ても超不安定に見えるが、、、、これを設計、施工した宮大工さんはもしかしたら超天才かもしれませんね。


2017年 鯉のぼりが泳ぐ東京タワー 出張の合間の見学

4月7日久しぶりのまとまった東京出張。(6~8日まで)本日東京の京橋あたりで宿を確保、夜に時間があったのでベタであるが東京タワーを見に行くことに。

東京メトロ日比谷線の神谷町で下車

t1_R.JPG

t2_R.JPG

駅から結構歩くことになるが、夜7時過ぎとはいえ今日の東京は暖かい

t3_R.JPG

飯倉の交差点を左折し東京タワー通りを進むと綺麗にライトUPされた東京タワーが見えてきた!

t4_R.JPG

t5_R.JPG

東京タワーと月のツーショット

t6_R.JPG

やはり近くで見ても美しいトラス形状。

t66_R.JPG

t7_R.JPG

タワーの下ではなんとたくさんの鯉のぼりが泳いでました!!

t8_R.JPG

t9_R.JPG

t10_R.JPG

何かのアトラクション? 端午の節句の飾り?

t11_R.JPG

それにしても鯉のぼりにもライトがあてられ刻々と色鮮やかに変色します。これは綺麗!!

t12_R.JPG

t13_R.JPG

偶然訪れたタワーでこんな色鮮やかな鯉のぼりが見れたのはラッキーでした。

タワーの下部にこのようなプレートを見つけました。 第1回の建築業協会賞を東京タワーが受賞していました。 設計が日建設計、施工が竹中工務店と今では超有名企業ですが当時から凄い技術があったのですね。

t14_R.JPG

2008年にはBELCA賞も受賞してるようです。 この賞はよくわかりませんが、、、

t15_R.JPG

こんな看板も

t16_R.JPG

t17_R.JPG

内部にはいるとお土産やさんが。タワーの高さとおなじ名前

t18_R.JPG

一通り見学完了。足元の植え込み部分にこんなオブジェも。20数年前ヤマハのTDR250で来たときはここにはカラフト犬の銅像があったと思うが変わっていました。

当時 ポケベルが鳴らなくて という祐木奈江さん主演のドラマが好きで、この場所で緒形拳さんと感動のシーンがあったのだがすべて変わったようです。

t19_R.JPG

でも東京タワーの美しさは健在でした。

東京には2つも電波塔があっていいですね! 大阪ではタワーといえば通天閣ぐらいですが、、でも通天閣も行って見ればいいかもしれません。行く機会があればまたUPします。


2017年 兵庫大佛~首地蔵・神戸ツーリング

4月2日 東京では桜の満開情報が報道されてるが関西ではまだまだチラホラ。好天に誘われ日本三大大仏の一つと言われている兵庫大仏を見にいく事に。

阪神高速の柳原出口でおりるとすぐに兵庫大佛のある能福寺に到着

k1_R.JPG

拝観は無料で境内奥にこれまた無料の駐車場が。

k2_R.JPG

k3_R.JPG

能福寺は由緒あるお寺だったのだ。

k4_R.JPG

写真では読みにくいが兵庫大佛は日本三大大佛の一つとして公認されてるようだ。東大寺の盧舎那仏と鎌倉の高徳院の阿弥陀如来坐像はわかるがあと一つとなるとあちこちでも手があがりそうだ。

k5_R.JPG

身の丈11m 重さ60トン!

k6_R.JPG

k7_R.JPG

k8_R.JPG

お祈りの言葉は おん・あびらうんけん・そわか を7回繰り返し。

k10_R.JPG

こちらは本堂の月輪影殿

k9_R.JPG

k11_R.JPG

k12_R.JPG

境内には平清盛公墓所もある

k13_R.JPG

これでとりあえずは二大大佛は見学完了(東大寺大仏殿は既に)あとは鎌倉の高徳院にある阿弥陀如来坐像をみれば完結。 いつ見にいけるかが問題だ!

帰りは国道43号線で、途中メリケンパークに近づいたので公園の改修工事の様子を見にいく事に。

k14_R.JPG

部分的に開放されていてもうすぐグランドオープンされるようです。 以前展示されていた電磁誘導船のヤマト1があった場所も綺麗に撤去整備されています。

k15_R.JPG

カワサキワールドは健在でした。

k16_R.JPG

ポートタワーを見上げると、、、

k17_R.JPG

スカイツリーに劣らず綺麗なトラス

k18_R.JPG

完全オープンしたらまた来ることにして国道2号線で帰路につくが最後に東灘区のちょっとした珍スポットへ。 非常にわかりにくい場所にある首地蔵に到着。

k19_R.JPG

k20_R.JPG

各地に首なし地蔵は多々あるようだが、首だけの地蔵は珍しいのでは?

k21_R.JPG

夜間に見るとちょっとミステリアスだが、首から頭にかけての病に御利益がありそうなのでこれ以上 老眼・脱毛・物忘れが進行しないように願って退散。

次回は桜満開の様子をUPしたいが、、、、どこへ行こうか思案中。。。