So-net無料ブログ作成

2017年 和歌山城と城内に潜む謎の小人発見ツーリング

6月18日 前回、深山砲台跡地に行った時に和歌山城横を通過しようとしたが、ちょっと時間があったので寄ってみました。


以前TDRに乗ってた時にも2回ほど来ているがガラガラのイメージがあったが、、、


w1_R.JPG



w2_R.JPG


西側の追廻門前でバイクが止めれるのでそこで駐車し入城する事に。


w3_R.JPG



w4_R.JPG


空襲でも焼けずに残った唯一の門との事



w5_R.JPG


和歌山城の石垣には理由が不明であるが2110個の石に刻印が打たれてるとの事


w6_R.JPG


その刻印のデザイン。まるで象形文字みたい


w7_R.JPG


早速探してみたが全くわからなかった。場内は本当に広く2110個と言えども探すのは大変。


w8_R.JPG


新裏坂登り口より天守閣へ向かいます



w9_R.JPG


急な階段を上がると、、、


w10_R.JPG


天守閣前の広場に到着しました。 奥の倉みたいな建物が入場券売り場で天守閣入城は410円でしたが今回はパスする事に。


w11_R.JPG


観光客らしき人影も見えますが日曜というのにやはりガラガラ。


w12_R.JPG


城内を散策してみます。 本丸御殿跡の看板が見えてきました


w13_R.JPG


跡地の階段を上がると、、、



w14_R.JPG


城内用の給水場になっていました。


w15_R.JPG


銀明水と呼ばれてる貯水槽が場内に40か所もあるとの事。戦かなんかで籠城となった時の為らしい。


w16_R.JPG



w17_R.JPG



w18_R.JPG


二の丸庭園。春には桜のビューポイントになるとの事



w19_R.JPG


次に西の丸庭園にある紅葉渓庭園に行ってみます


w20_R.JPG



w21_R.JPG


茶室みたいな建物が鳶魚閣、奥の渡り廊下が御橋廊下です。こんな綺麗な庭園が無料で見れるのは有難いですね!


w22_R.JPG



w23_R.JPG


この二の丸広場と西の丸庭園を結ぶ御橋廊下、渡り廊下自体斜めになっているのが非常に珍しいとの事です。設えも非常に変わってます。


w24_R.JPG


こちらは国指定名勝の西の丸庭園です。この庭園も非常に綺麗です


w25_R.JPG


さて和歌山城入城のもう一つの目的、そう城内の小人?はたまた宇宙人?が潜んでるとの事で探す事に。


二の丸庭園近くの一瞬通り過ぎてしまいそうな何気ない階段にそれは存在していました。(写真の矢印部) まるで小人が階段を必死に登ろうとしてるように見えます。。。


w26_R.JPG


近くで見ると木の根っこが変化したものですが、私にはやはり得体のしれない数体の小人が階段に挟まれてるようにしか見えません。


w27_R.JPG


小人の場所は城内マップに掲載されていて、マップ参照であればすぐに見つけられますが、観光客を楽しませる忍者はそうは行かないようです。


忍者がしきりにこちらにアイコンタクトをしてきて写真を促せてます。どうやら身隠の術を披露したいようです。(写真の矢印部に忍者が隠れてます) 外国人には受けが良いようですが、、、、  


まあフレンドリーで良しとしましょう。!


w28_R.JPG


最後に鶴の渓という場所(紫陽花が満開でした)をとおり入城した追廻門に戻る。過去に多少のお城は見てきましたが和歌山城は好きな城の一つです、がなぜか観光客が少ないのは残念な気がします。 ゆるきゃらが必要なのかも?


あと何十年経つとあの木の根っこは更に育って小人から大人に変化するのだろうか?としょうもない事を心配しながら退散するのでありました。





nice!(60)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017年 天空の城ラピュタ島・和歌山友が島疑似体験ツーリング

6月18日 曇天であるが雨は降らない天候。今回は天空の城ラピュタに良く似ている和歌山の友が島へと思ったが、いまやその存在も知れ渡り大人気観光地。加太からの渡船も満席状態で友が島へは渡らず深山の砲台跡地へ。


ここもそこそこ友が島の砲台・弾薬跡地に良く似ていて人気が出て来るかもしれないかも?


AM10時 阪神高速湾岸線利用で阪和道の和歌山ICでおり地方道7号線から65号線のルートで。


紀ノ川SAで休憩。阪和道は久しぶり。京奈和自動車道もつながりかなり様子も変わっていた。


f1_R.JPG


このSAは春になるとたくさんのツバメが営巣することで有名。多くのツバメの巣を見かけました。



f2_R.JPG


花壇の手入れもばっちり! 好きなSAの一つであります。


f3_R.JPG


和歌山ICで高速をおり、途中和歌山城を右手に見ながら7号線に入りそのまま65号線へ。一路休暇村紀州加太ホテル方面へ。途中大きくカーブした場所があり数台の無料駐車場があるのだが満車でバイクは違う場所に止める。 この場所が深山砲台跡地に行ける入り口なのだがちょっと分かりにくいかも?


f4_R.JPG


案内板も色あせて見にくいかも。



f5_R.JPG



f6_R.JPG


深山砲台跡は、友ヶ島地区、淡路島の由良地区の砲台とともに明治時代に築かれた由良要塞の一部で、大阪湾を防衛する役割を担っていた施設ですとの事。 淡路島の洲本市にある生石公園に行った時に同じような施設があったがその事かな?



f7_R.JPG


案内板にあったレンガ道を進むと、、、



f8_R.JPG


ちょっとした広場みたいな場所に出ます。このレンガ道は観光用に作られたものではなく当時の軍人さんが作られたとの事。いまでも凸凹なく平らな道となってますが日本人の勤勉さがよくわかります。(軍隊が厳しかったからかも?)



f9_R.JPG


広場の隅にあるこの看板すぐ横に地下に降りる階段があり覗いてみると、、、



f10_R.JPG


どこかで見かけたアーチ状をしたレンガ造りの施設が。



f11_R.JPG


わけわからない虫がいっぱい飛んでてかつ下部からひんやりとした空気が漂ってきますが降りて見る事に



f12_R.JPG


友が島にあるものと同じ設えの弾薬庫が並んでます。



f13_R.JPG


造りもしっかりしていて、内部に雨漏りの様子もなく本当に当時の施工技術の高さがうかがえます。



f14_R.JPG



f15_R.JPG



f16_R.JPG


そこを上がるとトンネルが2か所続いています。全く誰もいないと思ってましたが、、、、出たー!! でも幽霊ではありません。  


なぜかゴスロリ風の恰好の女子達がこれまたゴスロリの服装をきせたちょっと気味悪い人形をトンネル下部の弾薬庫や草むら辺りで黙々と写真を撮ってるでありませんか!


声かけるのを躊躇するくらいでしたのでそのまま通過。 ちょうど懐中電灯持参してたので暗がりの弾薬庫を照らした時に彼女たちの一人を照らし出した瞬間本当にたまげました! インスタか何かにUPする為でしょうか?本当にビックリです。



f17_R.JPG



f18_R.JPG



f19_R.JPG



f20_R.JPG


そこも抜け更に進むとサークル状の跡地が。ここに砲台があったとの事。



f21_R.JPG



f22_R.JPG


当時の写真からすると砲身はかなり短いようです。



f23_R.JPG


大砲の弾の発射の様子。コントかと思うほどのクオリティー。これらの大砲は結局使用されずじまいとの事ですが命中率はかなり低かったのでは。。。。



f24_R.JPG


砲台跡地のレンガ壁にこのような穴が開いてたのが気になりました、何のためかは不明でした。



f244_R.JPG


展望台に上がってみます



f25_R.JPG


おおー!友が島(地ノ島)がはっきり見えます。ちょっと曇ってますが晴天ならかなり見晴らしがいいようです。



f26_R.JPG



f27_R.JPG


これだけ砲台を構えても結局空から進入されたら意味がないですねー



f28_R.JPG


瀬戸とは陸地と陸地に挟まれた海峡のことらしい。初めて知った



f29_R.JPG


最後に再度友が島を目に焼き付けて帰路につく。


f30_R.JPG


友が島へは人気に陰りが出てから行ってみたい。この後休暇村紀州加太ホテル近くにある弾薬庫も見に行ったがさほど変わり映えしなかったので省略。


深山砲台や関連施設は明治時代につくられたとの事だが、友が島、由良も含めてその精度の高さに(へんな写真撮影集団女子にも)驚かされたツーリングとなった。


PM4時無事帰宅 走行距離220km





nice!(53)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017年 藤井聡太棋士連勝記録更新中!関西将棋会館視察

6月7日 晴れていればバイクツーリングの予定が、どうやら梅雨入り宣言されるぐらいの大雨。

そこで以前から棋士界を賑せてる藤井聡太四段の公式戦が近くの関西将棋会館で本日開催されるので見にいく事に。


阪神電車の福島駅下車、西側出口を上がると浄正橋交差点に。


k1_R.JPG


そこを北へ5分ほど歩くと関西将棋会館に到着。


k2_R.JPG


今日はここで上州YAMADAチャレンジ杯が行われ藤井四段が3回対局するとの事。現在公式戦20連勝中で、本日連勝記録を伸ばすとあの羽生善治三冠の記録を破る歴代3位となり、さぞや黒山の人だかりかと思ってやってきたがなんとまーひっそり!



k3_R.JPG


テレビのニュースで藤井四段が青色のリュックで入館する場面となる会館の入り口。誰でも入れるようで入ってみると右側には将棋グッズの販売店が。


ガラスケースには各棋士の座右の銘が書かれた扇子が販売されてるのだが、本日より発売になった藤井聡太四段の扇子は早くから売り切れ。 将棋好きの親父に買ってやりたかったが、遅かったみたい。


そもそも四段でグッズ販売が行われるのはまったく異例との事。関西では1時間、東京では30分で完売したとの事。


k4_R.JPG


大志・・・今日のテレビで更なる高みを目指したいとの意を込めたとインタビューに答えてました。

中学生でプロ棋士になったのは過去4人で、今やユニークキャラで人気の加藤一二三名人や羽生善治三冠、藤井棋士もそうであるが書道もうまくその落ち着いた言動は自分の14歳当時と比べると恥ずかしいくらいかけ離れてます。


k5_R.JPG


玄関にある電子掲示板にも扇子の売り切れ案内が出てます。


k6_R.JPG


館内1階に将棋台や駒の展示販売がありその値段の高さにビックリ!その昔祖父が持っていた将棋台も高かったに違いないが平気でちゃぶ台代わりに使っていたなー


k7_R.JPG



k8_R.JPG



k9_R.JPG


販売側からは、将棋盤は日本の榧で作成されたものが最適とのアピールが。粗末な盤や駒の販売が多いのだろうが素人に近い私は材質は問わないのであります。


k10_R.JPG


人間将棋のミニチュア版もあります


k11_R.JPG



k12_R.JPG


本日の上州YAMADAチャレンジ杯は持ち時間たった20分の早ざし将棋で、運やまぐれでは勝てない将棋らしい。


会館入館時は既に21連勝し、22連勝をかけた対局中で会館の2階までは行けるのだが対局している3階以上は立ち入り禁止なので暫く1階で様子を見ていると、、、


2時過ぎ ドドドドドーっと上階から凄い数の報道関係者が下りてきました。 本日2回戦目も勝ち22連勝したとの事。 1階でパソコンから記事を送信したり関係者のインタビューが始ったり、速報を流すための撮影の前準備としてアナウンサーが何度もスマホに向かって発声練習を重ねてました。


NHKや藤井棋士の地元である中京テレビや色んな局の方々が一斉に次の3回戦までの間に食事をとるために飛び出していきました。


テレビニュースの裏側ではこのような慌ただしさがあるのですねー。


k13_R.JPG


会館前では雨の中速報のニュース撮影が。


k14_R.JPG


3回戦は午後3時半からの事で1時間余りあるので23連勝を祈って帰る事に。今や卓球界も13歳の張本選手や若手が非常に頑張っていて頼もしい限り。


帰宅後3回戦目も勝ち23連勝達成との事。すごい14歳が現れたものだ!




nice!(57)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017年 札幌出張プチ観光第二弾!北海道大学

先月の5月26、27日に札幌へ出張時の記事をUPする事に。札幌へはいつも格安のスカイマークエアラインと決めている。神戸空港からは早朝しかないのでちと辛いが慣れてしまった


h1_R.JPG


今回も1か月前から予約を入れておいたのだが、札幌でアイドルか何かのコンサートがあるという事で窓側は非常口の前しか席が取れなかった。この列の席はリクライニング不可で直立姿勢のままです。


強力な加速と共に離陸し、神戸上空はちぎれ雲みたいな雲がたくさん浮かんでましたが、、、


h2_R.JPG


更に高度が上がると綿みたいな綺麗な雲海に。


h3_R.JPG


スカイマークはネスレとコラボしていて、機内でキットカットとネスカフェコーヒーが無料で提供されます。



h4_R.JPG


今回は1時間半程度で新千歳空港に到着です。 初めてエンジン横の座席でしたので着陸時の様子も見れたのですが、エンジン側面(写真矢印部)の一部がスライドして開きました。 翼のフラップ部が稼働するのは何回も見てるのですがエンジンは初めてです。


h5_R.JPG


その日と翌日の仕事を終わらせ帰路につくわけですが、いつも若干の余裕をみてるので2時間程の時間が余ってしまうのであります。


いつもJR札幌駅で悩むのです。このまま空港へ行くか、それとも時計台、札幌旧庁舎、北海道大学、、、まあー雨ですが北海道大学へ再度行ってみる事に


札幌駅からは北へ歩いて5分程で着きます


h6_R.JPG


本当に広大な構内であるが、今回は前回までに行った事のない所へ行ってみる。


まずは北10条近くにある古河記念講堂へ


h7_R.JPG


木造でありながらなんとなく洋風、これは時計台とよく似た造りのようだ



h8_R.JPG


行った事がないポプラ並木のほうへ



h9_R.JPG



h10_R.JPG


台風で倒れたポプラもあり一部再生中の事。


h11_R.JPG



h12_R.JPG


新渡戸稲造の胸像もあります。目から涙を流しているのは世を思い計って泣いてるのではありません。単に雨模様だから。。。



h13_R.JPG


花木園に入ってみます。念のため言っておきますがここは大学の構内です。。。。。


h14_R.JPG



h15_R.JPG



h16_R.JPG


クロユリといえば珍しいですが、どうしてもホラードラマのイメージしかないです。



h17_R.JPG



h18_R.JPG


最後は何度見ても飽きないイチョウ並木へ



h19_R.JPG


たかだか78年あまりでこんなに立派なイチョウに育つのですねー



h20_R.JPG


ちょうど時間が潰せたので新千歳空港へ。雨の中かなり揺れましたが、、



h21_R.JPG


雨雲を突き抜けるとごらんのとおり快晴。 矢印の変な光はUFO?はたまた例の国の弾道ミサイル?と思いましたが前後の写真にも同じように写ってましたのでカメラのレンズの反射のようです。



h22_R.JPG


淡路島が見えてきました。北淡あたりのようです。



h23_R.JPG


明石海峡大橋も眼下に。橋はバイクでも車でも通りました。また小豆島ツーリング時にはフェリーで橋の下をくぐりました。今回は飛行機で上空を。

1つの橋を3D的に渡る経験はなかなか出来ないですね。



h24_R.JPG


無事神戸空港に着陸。


h25_R.JPG


飛行機は搭乗検査があり毎回ひっかかるし新幹線みたいに自由席が無く、違う便でという事が出来ないので面倒くささがあったがこれらも慣れてしまえば何という事はないのだが、、、ただ気圧の変化で毎回1週間ほど耳が痛くなるのには慣れないのだ。



nice!(45)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク