So-net無料ブログ作成

2016年 大阪府・交野市巨大吊橋走破ツーリング

2月21日 久々のバイク日和。公私共々いろいろあり11時と遅い出発。行先はニュースで見た交野市の「星のブランコ」という巨大吊橋!

阪神高速の大和田から近畿自動車道をへて第二京阪へ。交野南ICでおり国道168号へ。寒さの為か行楽渋滞も無く30分たらずで到着

k1_R.JPG

公園の正式名称は 府民の森ほしだ園地

k2_R.JPG

バイクは手前の自転車置き場に無料で駐車できる

k3_R.JPG

k4_R.JPG

k5_R.JPG

多分春先または紅葉時にはいいロケーションかも?

木製の歩道を進む

k6_R.JPG

いたる所に砂防ダムが。

k7_R.JPG

k8_R.JPG

延々と続く木製の歩道の方が凄いのではないか?と思うくらい続く。

k9_R.JPG

k10_R.JPG

k11_R.JPG

インフォメーションセンターみたいなピトンの小屋に到着

k12_R.JPG

ここで缶コーヒーで暖を取ることに。 その前がわんぱく広場となっていてロッククライミング体験できる人工のクライミングウォールがあり皆さん平気で登ってました。

k13_R.JPG

その横では隼の観察・撮影をしてる方々が崖に向かってカメラを構えてました

k14_R.JPG

ここから吊橋までは700m弱であるが、日ごろの運動不足でぜーぜー息があがる。途中の分岐点。右側は上りがきついが12分くらいで行ける。左は緩やかであるが25分かかる。当然左コースへ!

k15_R.JPG

上空に吊橋が見えてきた

k16_R.JPG

k17_R.JPG

ようやく到着。

k18_R.JPG

おお凄い。何のへんてつもない所に突然巨大吊橋が鎮座している。 この前がちょっとした休憩所になっていて家族連れで弁当を食べていましたー。景色がいいおかずになるなー!!

k19_R.JPG

k20_R.JPG

早速渡ることに

k21_R.JPG

k22_R.JPG

奈良の十津川にある谷瀬の吊橋は一度に渡れる人数制限があったがここは無いようだ。

k23_R.JPG

k24_R.JPG

流石に作りはしっかりしていて揺れは少ない。かかとが固いバイク用の靴だったので私が歩くたびに谷間にコーン、コーンと足音が響き渡ったのはいささか恥ずかしかった。

k25_R.JPG

対岸側。渡ってしまうと駐車場までが遠くなるのでふたたび足音を響かせ吊橋を渡って戻ることに。

k26_R.JPG

戻りは先ほどの分岐点の上りのキツイ側で下りる。

k27_R.JPG

k28_R.JPG

下りもハンパなく急傾斜で、上ってくる疲れ切った家族連れと多くすれ違った。やはり往きは緩やかコースがお勧め

椿が開花していました。

k29_R.JPG

k30_R.JPG

歩行用吊橋は故郷の宮崎の綾町にある綾の照葉大吊橋(1984年完成 長さ250m高さ142m)が日本一と自慢していたが、最近では静岡の三島スカイウォーク(2015年 400m 70.6m)や大分の九重夢吊橋(2006年 435m 173m)等々完成していて吊橋が多く建設されてるのには驚いた。 

園内は広大で色々ありそうだが本日はこの辺りで退散。帰りも全く混まずに3時に帰宅。帰宅後気づいたがこの園地の近くに磐船神社という洞窟探検が出来る神社があることがわかった。今度はそこへも行ってみようか?


nice!(49)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 遭遇!エヴァンゲリオン新幹線 使徒不明

2月17日 休日であるが毎度の事の東京出張。。。見慣れた新大阪駅内をうろうろしてると、、ふと目に入った電光掲示板を見ると こだま 741号の文字が。そうこれは新大阪発博多行のエヴァンゲリオン新幹線の事ではないか!!たまたま以前のニュースで記憶にあったので下り側のホームへ行ってみるとすでに撮り鉄の方々でいっぱい。

ev1_R.JPG

HPより

1280x800_R.jpg

特殊車両でたったの8両編成

ev2_R.JPG

新幹線でいうと旧式なのだが、むっちゃかっこいいのだ!エヴァとのコラボは最高と言える。

先頭車両側 窓はすべて塞がれていて内部はエヴァのコックピットが再現されていて予約で乗れるらしいのだが残念ながら写真は撮れなかった。

ev3_R.JPG

乗務員の方のエプロンも雰囲気を醸し出していてかっこいい。サービスで撮影に応じて頂いてるようだ。

ev4_R.JPG

2両目までは内部もエヴァ風なデザイン。3両目からは普通の車内となっている。

ev5_R.JPG

ev6_R.JPG

ev7_R.JPG

どこまでも初号機を彷彿させるデザイン!!

ev8_R.JPG

ev9_R.JPG

1号車の扉内側。凝ってます

ev10_R.JPG

そうこうしてるうちに出発の合図が、、そして博多へ旅立ちました。

ev11_R.JPG

ev12_R.JPG

エヴァ号は新大阪ー博多間を1日1往復。関西以北では見れないので残念ですが大阪に立ち寄ったらぜひ見てくださーい。

ブログがどんどんバイクから離れてます m(_ _)m


nice!(44)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 第67回 札幌雪まつり  行ってきましたー!! 

2月8日 札幌出張で7日夕方伊丹よりANAで札幌へ。 ブログタイトルはツーリング記録であるが、、、まあいいかフライト記録でも? 7日に伊丹空港より出発

s1_R.JPG

雪祭りと出張が重なることがわかっていたので2か月前より飛行機・ホテルを予約。飛行機の窓側を簡単に予約できたと喜んでいたが主翼部で機窓よりの景色がよく見えない。。。  ここで90度右へ転回し照明にそって離陸

s2_R.JPG

流石に加速は凄い。2時間ぐらいで新千歳空港に到着。JRの快速で札幌駅で地下鉄に乗り換え中島公園駅下車。

本日はホテルで明日からの仕事段取り。翌日仕事を終え、地下鉄の大通駅で降りたころは既に夜9時過ぎ。10時になると一斉に雪祭り会場の照明が消えると聞いていたので早めに散策。

1丁目の札幌電波塔前からスタート。小さなスケートリンクが出来ているが誰も滑っていなかった。

s3_R.JPG

2丁目 大氷像・・・函館の五稜郭や赤レンガ倉庫等を氷で表現

s4_R.JPG

各市のゆるキャラの氷像

s5_R.JPG

s6_R.JPG

3丁目 白い恋人 と称する巨大ジャンプ台。前回に見た巨大足場はこれを作成するためだったのだ。 撮り方が悪く高さの表現ができていないなー

s7_R.JPG

4丁目 進撃の巨人像 さすがに自衛隊が作成したとあってクオリティーが高く、人気の雪像だ!

s8_R.JPG

札幌の時計台を襲撃しに来たとの想定

s9_R.JPG

s10_R.JPG

s11_R.JPG

専用の休憩所もあり、力の入れようが凄い。

s12_R.JPG

s13_R.JPG

5丁目 ロンドンのシェイクスピア劇を演ずるグローブ座の青空天井の劇場を表現したもの

s14_R.JPG

もうこの辺りからシャッターをきる右手がかじかんでうまく押せない。

s15_R.JPG

台湾のクイーンズヘッドと平渓派出所を表現した像。屋外コンサートが開かれていた。

s16_R.JPG

7丁目 マカオの聖ポール天主堂跡

s17_R.JPG

s18_R.JPG

s19_R.JPG

どの雪像もたいがいプロジェクションマッピングで像に映像を投影し凄い効果を出している

9丁目 北海道新幹線 プロジェクションマッピングではここが一番かな?

s20_R.JPG

s21_R.JPG

新幹線像はそこそこの出来栄えである。(制作した方々すみません)

最初に蒸気機関車が投影される

s22_R.JPG

次に普通の電車が投影され、、、

s23_R.JPG

特急列車にかわり、、、

s24_R.JPG

ようやく北海道新幹線に

s25_R.JPG

凄い!本物の先頭車両に見える。北海道の方々の新幹線の待ち遠しさがわかるような感じ。

s26_R.JPG

10丁目 

s28_R.JPG

ドラゴンボールの悟空とベジータ像

s27_R.JPG

s29_R.JPG

s30_R.JPG

まあ会場内の雪像はこんな感じ。雪像よりも出店がかなり多く、屋台祭りという感じもする。

6・9丁目は市民広場となっていて小型の雪像が展示されている。

広瀬すずさんの ちはやふる

s31_R.JPG

s32_R.JPG

s33_R.JPG

ウルトラマン

s34_R.JPG

ゲゲゲの鬼太郎

s35_R.JPG

又吉さん?

s36_R.JPG

マクロス なぜか若い女性に人気があるようだ

s37_R.JPG

会場内の通路の様子。 一方通行になっていてまた見たい場合は一旦反対側へ回る必要がある

s38_R.JPG

会場を横切る道路を警備するガードマンも大変だ。国籍が違えば信号に対する考えも違うので。

s39_R.JPG

雪祭りはこの大通公園がメインの様だが、いろんな場所で趣を変えて実施されてるようだ。 完成した雪像だけをみてるとこんなものか?と思ってしまうが今回は足場の段階でどのような雪像が出来るか?と期待もしていたので結果がわかって面白かった!!


nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 奈良にあった!!日本のピラミッド探索ツーリング

1月31日 まあましな気温の中、行けるときに行こうとバイクを駆り出す(また当分は水曜の休みなし)。よく行っていた奈良の東大寺近くに日本のピラミッドがあるという事を知り早速GO!

阪神高速~第二阪和を利用で40分たらずで春日大社近くに到着。さすがに高速走行は寒さがしみる。高畑パーキングでバイクを駐車 バイク1回300円

n1_R.JPG

寒さのためか観光客は少な目

n2_R.JPG

n3_R.JPG

ホテル ウェルネスを目指して徒歩で。3分たらずで到着。日本のピラミッドの管理をこのホテルが行ってるという事でフロントで拝観料300円支払い中へ

n4_R.JPG

おおっ!!ホテルの駐車場奥に何やら階段状の構築物が。少し前までは近所の表具屋さんが入館の管理をしていたのだが、今はこのホテルが代行してるようだ。

n5_R.JPG

完全に階段状ピラミッドではないか!

n6_R.JPG

ホテル側はこの扉から入る。一応ホテルの駐車場であるが宿泊客以外は停めれないので注意。

n7_R.JPG

ピラミッドの北側。周囲は回れるように通路がつくられている。

n8_R.JPG

この構築物の名前は 頭塔(ずとう) という。奈良時代の僧侶の頭を埋めた墓のうわさがあるようだが実際は土塔がなまってずとう(頭塔)と呼ばれるようになったとの事。

n9_R.JPG

n10_R.JPG

奇数段に石仏が埋められてるようで現在28基が確認されてる。767年の古文書に仏舎利を納める仏塔との表記があるらしい。

北面 逆光で見にくい

n11_R.JPG

n12_R.JPG

西面

n13_R.JPG

n14_R.JPG

n15_R.JPG

南面は当時のままで、整備復元状態と発見状態が比較できるようになっている。

n16_R.JPG

南面

n17_R.JPG

n18_R.JPG

n19_R.JPG

東面

n20_R.JPG

n21_R.JPG

n22_R.JPG

小さく見えるかもしれないが一辺が32m、高さ10mありそこそこ大きい。

n23_R.JPG

ホテルのフロントでもらったパンフでは本当にピラミッドのようにみえる。

n24_R.JPG

n25_R.JPG

今までは表具屋さんが管理していたのでそんなに観光客も来なかったかも知れないが今後ここもメジャーになりそうだ。

ついでに頭塔に近い浮見堂へいってみる。奈良公園内の浅茅ヶ原園地にあり鷺池に浮かんでいるのであるが、池に映る浮見堂が素晴らしい。奈良公園の大混雑に比べればここは静かに観光できる

n26_R.JPG

n27_R.JPG

n28_R.JPG

橋をわたると洞水門(水琴窟)があり柄杓で玉砂利部に水を流すと綺麗な音が聞こえる

n29_R.JPG

n30_R.JPG

この網の部分に水を流すと、、、琴をはじくような音が聞こえる

n31_R.JPG

n32_R.JPG

観光地とは思えないくらい閑散としているが、奈良公園寄りに行くと観光客、鹿の群れが。

n33_R.JPG

n34_R.JPG

n35_R.JPG

n36_R.JPG

n37_R.JPG

近くに志賀直哉の旧居があるので寄ってみる。昭和4年から9年間住んでいたのだが今では奈良文化女子大のセミナーハウスに使用されている

n38_R.JPG

n39_R.JPG

n40_R.JPG

しょっちゅう行ってる奈良市中心部に頭塔があることすら知らなかった。奈良もまだまだ見どころがありそうだ!!

走行距離100km


nice!(47)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク