So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年 札幌雪祭り設営状況

1月18日 札幌に初めての出張。大阪から日帰りの強行軍。この2~3日の大雪で新千歳空港から雪原の中を電車で揺られ札幌へ。2月5日から札幌雪祭りが始まるが雪像作成前の状況を見てビックリ!!

大通公園にマンション群が立ち並ぶのかと思うくらい巨大な足場が林立しているのだ! 雪像はこのような巨大足場を組んで作成してるのですね。

奥の塔は札幌テレビ塔

s1_R.JPG

大通公園内は完全に閉鎖されてました。大通公園に沿って地下街が伸びていて結構便利。

s2_R.JPG

雪像作成には自衛隊がかかわってるのか多くの自衛隊車両が止まってました。

s3_R.JPG

塀から巨人が顔を出してる像が出来るんでしょうか?

s4_R.JPG

雪祭り公式ポスター

s5_R.JPG

ユンボがかなり高い雪山のうえでフル活動。雪はそのあたりの積もった雪ではなく全く別な所から搬入してる。

s6_R.JPG

巨大な足場。どんな雪像が出来るんでしょうか?

s7_R.JPG

大通公園歩道。凄い雪ですねー。ふと気づいたのですが交通量は多いのになぜか町全体が静か。クラクション音は全くなし、飛ばす車両がないので音が無くなったような錯覚を覚える。

s8_R.JPG

流石にバイクは見かけなかったが、唯一郵便配達のバイクは頑張ってました。お疲れ様です。

スズメも餌探しに苦労してるようです。

s9_R.JPG

一部では完成してる雪像もあり

s10_R.JPG

仕事を終え再びテレビ塔に。電飾がなかなか綺麗でした

s11_R.JPG

s12_R.JPG

今回は時間がなくこの程度の内容ですが、雪祭り開催中にも出張があるのでその時は完成した雪像を中心にUPしたいと思います。


nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 変わりだね神社第三弾!高砂市パワースポット生石神社・水に浮く巨石!!

1月11日 しばらくまた休みが取れそうもなく10・11日と先に連休取得。世間では3連休なので相当渋滞するかと思いきや各日渋滞なし。不思議なこともあるものだと本日ツーリング先を思案。変わりだねシリーズのついでに3年ほど前にTDRで行った高砂市にある生石(おうしこ)神社へ行ってみる。

10時半出発 阪神高速をただひたすら姫路方面へ。第二神明にはいり明石SAで休憩。完全に身体は冷え切ってるが寒さには強いほうなので、、、缶コーヒーで暖を取るが全く効果なし。

o1_R.JPG

国道2号線のバイパスにはいり高砂北でおり県道392へ。あとはほぼ道なりで生石神社に到着する

o2_R.JPG

神社到着

o3_R.JPG

下の石畳のある参道から参るとかなりの石段を登らなければならないが、駐車場からだとすんなり行ける。

o4_R.JPG

駐車場にバイクを停める。無料なのが有難い。地面は土であるがかなり固めてあるのでサイドスタンドでも大丈夫

o5_R.JPG

o6_R.JPG

o7_R.JPG

o8_R.JPG

手水所

o9_R.JPG

お清めの作法がマンガで表示。確か参拝の方法もマンガであったような記憶あり

o10_R.JPG

由緒  祭神は大穴牟遅命(オオアナムチのみこと)、少毘古那命(スクナヒコナのみこと)との事

o11_R.JPG

拝殿

o13_R.JPG

o14_R.JPG

拝殿右横に霊岩がある。これを力強く押しその手を体の悪い所を触るとよくなるとか。さっそく頭をなでる。

o15_R.JPG

o16_R.JPG

この生石神社は宝殿山の山腹にあり、日本三奇の一つである。あと二つは宮城と鹿児島にあるとの事だ。

o17_R.JPG

拝観料100円を支払い早速中へ

o18_R.JPG

今回は2回目であるがそれでもこのドーンとした巨石(本殿)の存在感は強烈。横幅6.4m高さ5.7m奥行7.2m重さは推定500tの事

o19_R.JPG

岩の下部の黒くなってる部分は池で枯れる事がないそうだ。全く岩が水に浸かってなく浮いてるようにみえる。

o20_R.JPG

岩(本殿)が巨大すぎるのと、場所が狭いので広角レンズでなければ全貌は写せないのが残念

o21_R.JPG

o22_R.JPG

裏側はブラウン管テレビのようである。 この突起でこの巨石が何か?のヒントになるのではないかと思うが

o23_R.JPG

というよりかは裏側の方が仕上げが綺麗で、拝殿側の表面は荒削りのようである。という事はこの突起がある方が表かもしれない。

o24_R.JPG

両側に上に登れる階段があり行ってみる。

o25_R.JPG

上から見ると拝殿と巨石の位置関係がよくわかる

o26_R.JPG

史跡によればおよそ1300年まえから存在するらしいが、巨石の裏側の角部がかなり鋭角に見え浸食されていないようにみえるのだが、、、

o27_R.JPG

o28_R.JPG

この岩面を切り出して作ったのか? そもそも完成形なのか途中なのか?どこが正面なのか?もっと単純にいえばこれは何なのかも全くわかっていない。不思議な構築物

o29_R.JPG

宝殿山頂

o30_R.JPG

結構平らであるが、岩のむき出し状態。

o31_R.JPG

ここから播磨が一望でき展望台としても最高である。この辺りは採石場が多く偶然ゴリラの横顔に見える部分がある。この写真の左部分がゴリラの横顔に見えるらしいが、、、

o32_R.JPG

下に降りてみると本当に採石場だらけで、山半分削りだされてるところもある

o33_R.JPG

右奥に先ほどの生石神社の屋根がみえる

o34_R.JPG

o35_R.JPG

PM2時半 3連休最後で高速の渋滞を避けるため早めの退散(結局混むことは全くなかった)。帰りも明石SAで給油兼休憩 古ーいバイクが止まっていた。メグロの250?

o36_R.JPG

今回もお守り(交通安全)を購入。もうかなりの数になるが拝観料がわりにしておこう

o37_R.JPG

有名・無名にかかわらず不思議なところはあるものだ。まだまだ探索行きますよー!

3時45分 無事帰宅 走行距離160km


nice!(38)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 変わりだね神社第二弾!京都パワースポット木嶋神社・三柱鳥居

1月6日 変わり神社の第二弾として前から気になっていた京都の木嶋神社へ行ってみる事に。 鳥居が変わってるとの事で前回の難波八坂神社とはまた違う雰囲気があるかもしれない

12時40分と遅い出発であるが、名神高速はかなり空いている。今回は吹田SAではなく桂川PAで休憩

k1_R.JPG

バイクは1台も無し

k2_R.JPG

1時間ほどで到着。東映太秦映画村に近いようだが今回はここだけですます

k3_R.JPG

k4_R.JPG

由緒

k5_R.JPG

神社特有の三柱鳥居の説明

k6_R.JPG

祭神は天御中主命・大国魂神・穂々出見命・鵜茅茸不合命との事 さっぱりわからん

ここは普通の鳥居

k7_R.JPG

境内案内図

k8_R.JPG

境内の様子 無人?

k9_R.JPG

末社 ん? ゆい・もあメタル? どうも最近キツネの狛犬を見るとベビメタを思いだしてしまうのだ!

k10_R.JPG

拝殿

k11_R.JPG

拝所 この奥が本殿

k12_R.JPG

その左手にまた鳥居があり、その奥の低くなったところに三柱鳥居がある

k13_R.JPG

もとは元糺の池(もとただすのいけ)で水があったのであるが今は枯れているようだ。中には入れずここから拝観するようだ

小さな神社であるがここだけ何か空気感が違うような気がする。

k14_R.JPG

何か見慣れていない形なので違和感を覚える。鳥居の真ん中に立ってみたい。

k15_R.JPG

鏡を向け合うと永遠に像が反射するように、鳥居を向け合うとなんかとてつもなくパワーが出そうな不思議な感覚。 由緒ではどの方向からでも拝観できるように鳥居が組まれたとあるが、私には邪気かなんかを封印したように思える

k16_R.JPG

この木嶋神社は続日本紀に記載されてるとのことで701年よりも前に建立されてた本当に古い社なのだ!

来るまでは比較的暖かかったのであるが、拝観後急に寒くなりだした。気のせいかもしれないがこのあたりで退散しておこう

帰りは吹田SAで休憩および暖をとる

k31_R.JPG

色々不思議な神社仏閣があるものだ。三柱鳥居は京都にあと二つ。京都御苑の厳島神社の唐破風鳥居、北野天満宮の石造鳥居との事。これ以外にも面白いものがあれば皆さん教えて下さい。宜しくお願いします

17時無事帰宅 走行距離110km


nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 大阪・難波八坂神社詣でツーリング

1月3日 知人より難波に変わった神社があると教えてもらい早速行ってみる事に。明日からは仕事なので遠出は控えておこうと思ったが20分位でいけるのでGO!

国道43号線を大阪方面へ、26号線を左折しすぐに難波八坂神社に到着。都心の中にあるいわゆる普通の小さな神社とみたが、、、

南側入り口 別段変わった様子なし

o1_R.JPG

西側入り口 これも変わった様子なし

o2_R.JPG

東側へ回ってみる

o3_R.JPG

鳥居の向こうに巨大な獅子の顔? とりあえず中に入って参拝

こじんまりとした手水舎

o4_R.JPG

柄杓を近づけると自動で水が出てくる

o5_R.JPG

まずは本殿。3日めという事であるが結構な参拝客 御祭神は すさのをのみこと

o6_R.JPG

o7_R.JPG

変わってるのはそうこの左側に立っている像。東側の鳥居越に見えていたやつだ!

ジャーン なんだこれは!巨大な獅子頭? 結構な迫力

o8_R.JPG

o9_R.JPG

o10_R.JPG

o11_R.JPG

o12_R.JPG

獅子頭の大きさは 高さ12m 幅11m 奥行10m 上下左右に金歯が8本づつ、目がライトで鼻がスピーカーになっている

この口の中で各種神事や奉納の舞が行われるとの事だ。そばで見ていると口が閉じそうで怖く見えるかもしれないなー?

写真だけ撮りに来てる方も結構多く、多少なりとも有名かも?

臨時のおみくじテントが拵えてあり、またまた綺麗な巫女さんがいたので昨日の西宮神社につづき交通安全のお守りを買ってしまった。

o13_R.JPG

裏面に例の獅子の顔がデザインされている

o14_R.JPG

今年はこういった変わった場所、かわったものも紹介していこうと思う

明日から仕事 OFFからONへの切り替えが大変だ。


nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2016年 走り始め・安全祈願ツーリング

1月2日 本年初エンジン始動。初詣・安全祈願を兼ねて西宮神社へ初ツーリング決行。(距離的には近すぎてツーリングとは言えないが、、、)

10時から奉射事始祭があるという事で、間に合うように9時40分出発。

10時ちょうどに到着

n1_R.JPG

東側の表大門より参拝(1月10日に福男を決める神事があるがこの門がスタートである)

n2_R.JPG

申年かどうかは知らないが猿回しの大道芸が始まっていた。

n3_R.JPG

境内の様子

n4_R.JPG

拝殿

n5_R.JPG

n6_R.JPG

西宮神社特有のさかさ門松

n7_R.JPG

n8_R.JPG

御本殿 本殿は三連春日造となっていてこれも西宮神社特有。

n9_R.JPG

n10_R.JPG

今年1年の交通安全を願ったあと境内を散策

n11_R.JPG

n12_R.JPG

今年の願掛けでおみくじを引いてみたが、、、、末吉! 巫女さんの前で思わずのけぞってしまってもう一回引いていいですか?と叫んで苦笑された。

そうこうしてる内に奉射事始祭の弓を引く神事が始まった。

n13_R.JPG

奉者は全日本弓道連盟会長。最初の矢は音がでる構造になっていて音で邪気を払うとの事だ!すぐ射るのではなく射るまでの形式(今でいうルーティーン)が長く、それでも厳かでかっこいい。

n14_R.JPG

そのあとは弓道連盟の方々の奉射が始まる

n15_R.JPG

n16_R.JPG

結構近くで見れてかつみなさんカメラを構えるので緊張すると思うなー

あまりゆっくり回ったことがないので、境内を散策する事に

n17_R.JPG

n18_R.JPG

n19_R.JPG

なんとここで伊勢参りが出来るとの事だ!

n20_R.JPG

n21_R.JPG

境内の神池には3か所橋が架かってる。その一つ

n22_R.JPG

n23_R.JPG

n24_R.JPG

n25_R.JPG

n26_R.JPG

初詣に来るたび不思議に思うが、西宮神社境内ではたき火OKなのだ。そのような行事の一つかもしれない

n27_R.JPG

n28_R.JPG

n29_R.JPG

一通りお参りした最後はここ あらえびすの神を参拝するのが定石のこと

n30_R.JPG

購入したお守り。これで3個目、そうかバイク乗り出して3回も来ているのだ。

n31_R.JPG

これで今年のツーリングも安泰? おみくじでは吉方位は西南であったので尼崎から見ると淡路、四国方面がいいかもしれない。鳴門公園までは昨年行ったので讃岐うどんに挑戦してみようか?


nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク