So-net無料ブログ作成

2015年 ラストラン 徳島・大塚美術館~鳴門スカイラインツーリング

12月31日 年末恒例の大塚美術館へ美術鑑賞ツーリング決行。9時出発a1_R.JPG

阪神高速を利用し淡路島~四国徳島へ

a2_R.JPG

全く混むことなく1時間で淡路SA到着。昨年はSAが大混雑であったが本日は比較的すいている

a6_R.JPG

a3_R.JPG

尼崎ではそう寒くは無かったが、淡路島は海に囲まれていて高速走行では手が痛くなるほど冷たい。 すぐさま缶コーヒーで暖をとる

a4_R.JPG

この明石海峡大橋はいつも凄いと思う。先の震災で神戸はかなりの被害であったが橋自体全く影響なかったのだから。日本の土木・橋梁技術は凄いものだ!!

a5_R.JPG

また寒風のなか大鳴門橋を渡り、鳴門北で下り県道11号線で大塚美術館を目指す。昨年も思ったが大鳴門橋の継ぎ目はバイクでは結構怖い。タイヤが少しとられるのだ。

渡ってきた鳴門大橋

a7_R.JPG

なにやら景色のいい場所があり休憩

a8_R.JPG

a9_R.JPG

千鳥ヶ浜はこんなところにあったのだ!

a10_R.JPG

程なく美術館に到

a11_R.JPG

a12_R.JPG

ここの駐車場の係員はきびきびしていて気持ちがいい。昨年同様感心した。

入館料3240円を支払い早速入館。この入館料は美術館では日本一高いし展示品に本物は一切なし。それでいて美術館では人気No2である。

各国の有名作品が複製(陶板)であるが一堂にして見れるからであろう。

a48.JPG

それにしても美術館専用のマイクロバスが頻繁に到着すると大勢のお客さんが。大晦日なんて関係ないようである。

早速これを見るためにくるお気に入りの場所へ。バチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画コーナーへ。複製とはいえこれでも荘厳な雰囲気であるが本物はもっと感動するのかなー?

a13_R.JPG

a14_R.JPG

正面の最後の審判

a15_R.JPG

a16_R.JPG

目的はこれではなくこの天井画の中の巫女、そうデルフィーの巫女を見るだけにここまで来るのであった。学生のころたまたま見た美術雑誌にミケランジェロの作品が載っていてデルフィーに一目ぼれ

そのデルフィーが実物大で地上に展示してある。

a17_R.JPG

a18_R.JPG

美術館の説明でも巫女の中で一番美しいと記されている。私の感性に狂い無し!!

a19_R.JPG

美術館は地下3階から地上2階まで展示コーナーがあり、地下3階から各時代ごとに展示してある。

中世は殆どキリストの絵画か宗教画

a20_R.JPG

今やこのような絵を見るとベビメタのsumetal(中元すずか)を思い出してしまう。ライブで十字架に括られていたなー。

最後の晩餐コーナー

こちらは修復後の絵

a52_R.JPG

a53_R.JPG

a54_R.JPG

説明の係員の方が唯一昨年と同様の説明をされていた。本家の最後の晩餐も完全に修復されていて修復前の状態が見れるのは世界中でもこの大塚美術館だけだと。修復前と修復後の様子を見比べられるのもこここだけである。

複製と言え凄い事かもしれない

a21_R.JPG

a22_R.JPG

a23_R.JPG

a24_R.JPG

このマネのバルコニーの本物は神戸の美術館に来た時に見たことがある。やはり本物と比べると立体感がなく平面的な事がよくわかる。

a25_R.JPG

a26_R.JPG

このルノワールのムーラン ド ラ ギャッレットも好きな作品である。ルノワールの紺色がいい感じだ

a27_R.JPG

a28_R.JPG

a29_R.JPG

a30_R.JPG

a31_R.JPG

展示品が多すぎて(ほとんど写真撮影済)、ブログに乗せきれないので割愛。

美術館内の吹き抜け

a32_R.JPG

一旦外部にでる

a33_R.JPG

高速からはこんな感じで美術館が見えてるはずだ

昨年はこれで帰宅していたが、ここから鳴門公園と鳴門スカイラインへ行ってみる。

a34_R.JPG

まずは鳴門スカイラインへ

a35_R.JPG

堀越海峡を渡る

a36_R.JPG

海峡からの眺め

a37_R.JPG

全く通行量なし

a49.JPG

四方見展望台に到着。唯一ここに車や多くのバイクが止まっていた。

a50.JPG

四方見とはいえ片方しか見えないが、、、

a51_R.JPG

ここから鳴門公園へ

a38_R.JPG

公園執着の展望台の駐車場は有料であるがバイクは100円と格安。

a39_R.JPG

早速とめて散策

陸橋があり大鳴門橋を一望できる場所が。

a40_R.JPG

a41_R.JPG

a42_R.JPG

この辺りからでも渦潮が見れるのであるが、潮の満ち引きの寸前でないと見れないとの事。12月31日は10時00分、16時40分あたりだそうだ。残念!

a43_R.JPG

大鳴門橋もこの位置から見ると迫力あり

a44_R.JPG

千畳敷といっても公園があるだけ?であった

a45_R.JPG

ここでちょうど2時半。ブログをUPするために帰路につく事に。今年も色々あったがこれで最後かーと思うとちょっとさびしい気もするが、来年ももっといいところへツーリングをしよう

かえりも同じルートで。淡路島南PAで軽食

a46_R.JPG

a47_R.JPG

明石海峡大橋では強風で何度も車体が風で振られ、大変であったが4時無事帰宅

走行距離250km

今年も多数の訪問・nice・コメント有難うございました。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください


nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 日本一短い国道174号線走破ツーリング

12月28日 年末の大掃除もやる気が起こらない中、神戸に日本最短国道があるという事で行ってみる。

月曜であるがやはり年末休暇という事で道路は空いてるが、尼崎より阪神高速を利用して京橋でおりる。30分位で到着、神戸税関方面へ

k1_R.JPG

流石に目的地がこういう場合はあっという間に終わってしまうのであるが、案の定 道路標識を探してる間に知らぬ間にこの日本一短い国道を往復していた!

k2_R.JPG

k3_R.JPG

ここから写真奥のピンク色に見える高架橋までが国道174号線!!なんと全長187m。ほぼ神戸税関所の建物の敷地と変わらないくらい短い。完全走破に10秒もかからない。あっという間に目的達成なのだ。まあ行く前からわかっていたが、、、

神戸税関 さすが神戸は公共機関もおしゃれ

k4_R.JPG

このまま帰るわけにもいかず、近くのメリケンパークに行ってみる。 メリケンパークはこのGSR250Sでの最初のツーリング場所で思い出深い場所だ!

k5_R.JPG

右がホテルオオクラ、トラスがある建物は海洋博物館、その左がポートタワー。

k6_R.JPG

海洋博物館はカワサキワールドにもなっていてカワサキのバイクや重工業の製品が常設展示してある。その川崎の聖地にスズキのバイクで乗り込んだー!

k8_R.JPG

館内には入らずパーク内を散策。

テクノスーパーライナーの疾風(はやて) 以前のブログでも紹介。

k9_R.JPG

k10_R.JPG

k11_R.JPG

水中翼船の模型であるがクオリティーが高い

こちらは海の戦車 ヤマト1

k12_R.JPG

k13_R.JPG

スクリューが無く、昔ならったフレミングの左手の法則?で進むらしい。海上での航行実験は昔テレビで見たが高速走行が出来ないような記憶がある。

k14_R.JPG

k15_R.JPG

k16_R.JPG

この船が西暦2100年、放射能除去装置を受け取りにイスカンダルへ飛び立つ・・・・という事はないな。。。

k17_R.JPG

疾風とヤマトの2ショット

k18_R.JPG

オリエンタルホテル側に立っているモアイ像をまねた?石像

k19_R.JPG

その名も神戸海援隊

k20_R.JPG

パーク内で一際目立つオカリナ風のオブジェ。オルタンシアの鐘

k21_R.JPG

k22_R.JPG

中に4つの鐘があるが今では鳴らしていないとの事。 

最短国道174号線の187mを走破し国道2号線を25kmかけて地道で帰宅する

さてさて今年もあと3日。走り納めは昨年と同様、31日に徳島にある大塚美術館と決めているのであるが、それ以外で行ける所を模索中である。


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 京都・西本願寺日暮ツーリング

12月28日 今季一番の寒さの中、冬季休みを利用してツーリング回数を増やそうとまたしても京都ツーリングへ。

というか最近はもっぱら夏の舞洲でのサマーソニックで知ったBabymetalにはまり、時間があればネットで彼女たちのメタルサウンドを聞いていた次第である。

京都も年末年始は混雑するので以前から行きそびれていた西本願寺の日暮門を見に行く事に。

いつもの名神吹田SAにて缶コーヒーで暖をとる

t1_R.JPG

全く混むことなく50分たらずで京都・西本願寺に到着

t3_R.JPG

まずは境内の外から唐門(日暮門)を見てみる。土塀に囲まれいい感じの路地である

t4_R.JPG

国宝をこんなに近くで見れてしかも無料とは凄いが、全体的に華やかさ?綺麗さが無いような感じ。国宝だからやたらと修復できないのかもしれない

t5_R.JPG

t6_R.JPG

西本願寺は参拝者用の無料駐車場があり便利。早速バイクを停めて参拝する事に

t7_R.JPG

まずは先ほどの日暮門へ。もとは伏見城にあったものを移築したもので桃山時代の建築物との事

t8_R.JPG

t9_R.JPG

ありとあらゆる所に彫刻がしてあり、麒麟や獅子・猿・鶴等々非常に賑やかだ!

t10_R.JPG

t11_R.JPG

t12_R.JPG

t112_R.JPG

さすがに時間を忘れ見惚れるようなことはないが、当時は凄かったに違いない

境内を散策 国宝の御影堂 とにかく巨大

t13_R.JPG

境内で一際目立つ銀杏の木

t14_R.JPG

t15_R.JPG

t16_R.JPG

t17_R.JPG

重要文化財の経蔵

t18_R.JPG

龍虎殿

t20_R.JPG

阿弥陀堂から御影堂に入ってみる。両方とも国宝で無料でみれるのがいい!

t21_R.JPG

t22_R.JPG

廊下には昔の大工さんの遊び心で、床補強を色んな物の形で埋め木をしている。

t23_R.JPG

これは瓢箪?

t24_R.JPG

t25_R.JPG

外には天の邪鬼が居るらしい

t26_R.JPG

t27_R.JPG

御影堂の樋の下部に石の桶がありその四隅を天の邪鬼が支えている

t28_R.JPG

西本願寺は見た目荘厳な感じだが、随所に遊び心があり気に入ったお寺の一つになったのであった。

日暮門は期待はずれであったが、いずれ化粧直しまたは修復されると思うがその時にはぜひまた見に行こうと思う。


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 第9回 大阪モーターショー 行ってきました!

12月6日 大阪のインテックで開催中の大阪モーターショーへ行ってみる事に。年末までほぼ休みが取れないのでツーリングかどうか迷ったが2年に一度なので最新車を見に行く。

阪神電車ー市営地下鉄ーニュートラムで中埠頭でおりインテックへ。日曜の9時半という早さなのに地下鉄からして満員。嫌な予感的中で会場の切符売り場は長蛇の列。しかしスムーズに運びすぐに会場内へ

om1_R.JPG

om2_R.JPG

メイン会場では何やらイベントが

om4_R.JPG

そうか!昨日であればAKB48も来ていたのかー

om5_R.JPG

まずは1号館から

om6_R.JPG

om7_R.JPG

マセラッティブースから

om8_R.JPG

やはり市販車であるが、、、かっこいい!!

om9_R.JPG

om10_R.JPG

次はポルシェ

om11_R.JPG

人気のコーナーは人が絶えず写真も一苦労

om12_R.JPG

om13_R.JPG

om14_R.JPG

ボルボのコーナー

om15_R.JPG

om16_R.JPG

なぜか旧車のステーションワゴンが展示されていた

om17_R.JPG

om18_R.JPG

やっと国内車の三菱コーナー

om19_R.JPG

アウトランダー

om20_R.JPG

om21_R.JPG

次にちょっと気になるアルファロメオのコーナー

om22_R.JPG

4C かっこいい!!

om23_R.JPG

Mito たいがいの展示車は中に座ることが出来る。知人にミト好きがいるが私はどちらかというとジュリエッタ派 でもどちらも内装はグッド

om24_R.JPG

ジュリエッタ

om25_R.JPG

アストンマーチン 

om26_R.JPG

もうかっこよすぎる

om27_R.JPG

こちらはルノー

om28_R.JPG

om29_R.JPG

つづいて2号館へ

om30_R.JPG

om31_R.JPG

まずは日産のブースから

om32_R.JPG

コンセプトカー ガンダムのザクみたいだ! これもかっこいい

om33_R.JPG

こんなのが後尾についたらすぐに道を譲るにちがいないなー

om34_R.JPG

観音開きのドアが増えてるようだ

om35_R.JPG

om36_R.JPG

om37_R.JPG

やっとホンダブース

om38_R.JPG

さすがにバイクも作ってるのでちゃんと展示してありました。

アフリカ

om39_R.JPG

400X

om40_R.JPG

RCV

om41_R.JPG

マクラーレンホンダ MPA-30 まんまF1

om42_R.JPG

S660 写真だけでは軽自動車とわからないほどかっこいい

om44_R.JPG

 om45_R.JPG

カラーリングをまねたCBR?

om46_R.JPG

NSX-GT

om47_R.JPG

3号館へ

om49_R.JPG

om50_R.JPG

シトロエンのコーナー

om51_R.JPG

om52_R.JPG

om53_R.JPG

om54_R.JPG

プジョーコーナー

om55_R.JPG

om56_R.JPG

我が愛車GSRのスズキのブース

om57_R.JPG

125ccにしては豪華な造り

om58_R.JPG

GSX1000

om59_R.JPG

om60_R.JPG

こんな車も作っていた?

om61_R.JPG

om62_R.JPG

om63_R.JPG

こちらはマツダのブース 展示車はすべて赤色で勝負。

om64_R.JPG

om65_R.JPG

om66_R.JPG

ここは旧車のコーナー

om67_R.JPG

ハコスカ 懐かしい

om68_R.JPG

トヨタ2000GT こんなに近くで見たのは初めて。 今見てもまったく見劣りしない

om69_R.JPG

om70_R.JPG

om71_R.JPG

なにやらカメラのフラッシュを浴びてる方々が

om72_R.JPG

なるほど こんなコンパニオンもあり

4号館へ

om73_R.JPG

om74_R.JPG

ダイハツのブース

om75_R.JPG

om76_R.JPG

om77_R.JPG

om78_R.JPG

om79_R.JPG

om80_R.JPG

om81_R.JPG

ダイハツらしいコンセプト。 カッコよさより実用性重視かな?

ここからTOYOTA!!

om82_R.JPG

om83_R.JPG

om84_R.JPG

市販のプリウス中心でトヨタにしてはなんか物足りなさを感じる

次にベンツブース

om85_R.JPG

om86_R.JPG

om87_R.JPG

5号館へ

om88_R.JPG

om89_R.JPG

富士重工業のブース

om90_R.JPG

このコンパニオンの方が一番あいそが良かった

om91_R.JPG

リヤバンパーもこれだけ後退させれば自転車がはみ出てもOK?

om92_R.JPG

om93_R.JPG

BRZ GT300

om94_R.JPG

ここからフォルクスワーゲンのコーナー

om96_R.JPG

om97_R.JPG

BMW

om98_R.JPG

om99_R.JPG

om100_R.JPG

om101_R.JPG

MINIのブース

om102_R.JPG

om103_R.JPG

om104_R.JPG

唯一バイクのみのハーレーのコーナー

om105_R.JPG

ハーレーの教習車仕様 これで教習受けたかったなー

om106_R.JPG

om107_R.JPG

om108_R.JPG

大阪府警も展示

om109_R.JPG

最後に6号館へ ここは働く車とキャンピングカーの展示

om110_R.JPG

自衛隊のコーナー

om111_R.JPG

om112_R.JPG

om113_R.JPG

自衛隊にもゆるキャラが存在するのだ。

2時間近くかけて一通り見終わったがなーんかやはり物足りない。次にモーターサイクルショーの開催が待ち遠しい。


nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 京都・二条城の不思議探究ツーリング

12月2日 先日テレビのクイズで、京都市内は綺麗な碁盤目(東西南北)に沿って建物が構築されてるが二条城だけは3度 北よりずれているのは?

確かに地図を見るとずれてるな~

n0_R.JPG

当時 北は北極星で決めていたようだが、徳川家康は西洋のコンパスで北を計って二条城構築をはかった。この北極星の真北とコンパスの磁北のずれが二条城であらわれた・・・・これがクイズの答え。家康さんは自分が正しいと確信していたに違いない。

これで解決々。京都へ行く事もないのだが、、、先日二条城で開催されてる夜間のイベント(アクアリウム)に、気になってる子がいてるので誘ったがやんわりと断られ ならばおっさん一人で再度行く事に。 が二条城の特徴の鴬張りが見たいので昼に移動

12時前に出発、名神高速利用であっという間に二条城に到着。東大手門まえでバイクをどう止めるか思案中に「ハーイそこのバイクこちらへ停めて!1回400円」と半ば強引に駐車させられるが、まあいいか と駐車する

n2_R.JPG

入城料600円支払い早速中へ

n1_R.JPG

まだ東大手門は修復中

n3_R.JPG

城内案内図(二条城HPより)

n37.jpg

前回のアクアリウム見学の時も見た唐門へ

n4_R.JPG

日差しが金箔部にあたると反射でキンキラキンにひかり輝く

n5_R.JPG

n6_R.JPG

彫刻が素晴らしい!!

n7_R.JPG

n8_R.JPG

n9_R.JPG

国宝の二の丸御殿 (内部は写真撮影禁止なので残念)

n10_R.JPG

n11_R.JPG

庭園の方へ行ってみる

n12_R.JPG

n13_R.JPG

ここの庭園は素晴らしいの一言。桂離宮より綺麗かも?松が手入れされていて池や散策路も素晴らしい。 

n14_R.JPG

n15_R.JPG

n16_R.JPG

ソテツの防寒対策。ソテツに稲わらの こも を巻きさらに傘の装飾をするのが二の丸庭園の冬の風物詩との事。

n17_R.JPG

二条城は鴬張りで有名であるが、その仕組みを解明すべく黒書院の廊下で見てみよう

n18_R.JPG

一見何の変哲もない板の廊下

n19_R.JPG

廊下の下をくぐって中をパシリ。 長いくさび形の釘がかなりの数で打たれてる。う~んこれでキュッキュ音が出るものか? またまたネットで調査

n20_R.JPG

ネットより 鴬張りの仕組み これに近いのかも

n35.jpg

ともあれ防犯に対しては古くから対策が施されていたのだ。

最後に天守閣跡へ。

東橋をわたり本丸櫓門へ

n21_R.JPG

石垣も素晴らしい

n22_R.JPG

n23_R.JPG

御常御殿 屋根が綺麗な曲線を描いていてこだわりを感じる。

n24_R.JPG

n25_R.JPG

数段の階段を上がるとベンチのみ置いてあるだけであった

天守台からの眺め

n26_R.JPG

n27_R.JPG

最後に清流園へ

n28_R.JPG

n29_R.JPG

n30_R.JPG

n31_R.JPG

n32_R.JPG

二条城事務所前で募金の看板を見かけ中へ入る。 H23年より20年かけて二条城の本格修理の為、募金を募ってるとの事だ。どうやら100億円必要の事。200円からであるがここは奮発して1000円を募金する。

n33_R.JPG

1000円以上なのでこのような証を頂いた。(シールとバッジ)

n34_R.JPG

これであと99億9999万9千円 ちょっとは足しになったかなー!?


nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク