So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年 奈良・明日香村いにしえのツーリング

10月28日 本日は奈良の明日香(飛鳥)へ行ってみる。この地域は土日の二輪通行規制があるので平日がいいと判断。

10時半出発。例のごとく阪神高速湾岸線から阪和道・南阪和を経て橿原へ1時間で到着。国道169号線をしばし南下、左折し県道155線に入る

as1_R.JPG

最初の目的地である亀石へ。今回はメジャーな場所でなく主に石仏関係の場所を周ることに。奈良は京都と違ってバイクを停めるのに苦労しない。

as2_R.JPG

散策路を200mほど歩くと亀石に到着

as3_R.JPG

南西を向いている亀石が西を向くと天変地異が起こるらしいが、実際は天変地異が起こってからその衝撃で西を向く??

as4_R.JPG

教科書通りの造形であるが、、、どう見ても亀には見えないが。現代人が今の知識で名付けただけなので本当はもっと違ったものかも?

as5_R.JPG

次に155号線から近い石舞台古墳へ。ここは5年程前TDR250で行ってるが変わってるだろうか?

途中自転車での観光客が見かけたが、レンタサイクルが人気のようだ。車は駐車場に置き自転車で回られてる方が結構多い。

as6_R.JPG

バイクは無料の駐車場があり便利。どこかの修学旅行生が大勢で石舞台へ行ったのでしばらく休憩してから見に行くことに。

as7_R.JPG

5年前となんら変わっていなかった。見学料250円払い場内へ

as8_R.JPG

石室を作る様子

as9_R.JPG

歴史書では蘇我馬子の墓?と言われてるが実際のところは全く誰の墳墓か不明の事らしい。宮内庁管轄ではないので皇族ゆかりの墓ではないのだろう

as10_R.JPG

反対側 上部右側の岩が重さ77tで最大

as11_R.JPG

中へ入ってみる

as12_R.JPG

as13_R.JPG

中から外の様子

as14_R.JPG

近くに石棺も復元されている

as15_R.JPG

as16_R.JPG

5年前となんら変わってなく落ち着いて見学できた。

次は前から行きたかった酒船石へ。この石は幾何学的な模様が彫ってあり何か神秘的な要素を持ってるような気がする

万葉文化館にバイクを停めて徒歩で

as17_R.JPG

as18_R.JPG

前回の嵯峨の竹林に劣らず、立派な竹林を行くとその石は静かに鎮座していた

as19_R.JPG

as20_R.JPG

as21_R.JPG

as22_R.JPG

表面の幾何学模様は左右対称に見える。

as23_R.JPG

as24_R.JPG

酒や油を搾る石では?との説もあるようだが実際はこれに水を引く遺跡も見つかったので水を引いて何かしたのだろう。私には占いごとに使われたのではないかと思ったが。水が左右どちらに流れるかで何かを決めた・・・誰でも考え付くなー

as25_R.JPG

次に聖徳太子誕生の場所である橘寺へ

as26_R.JPG

as27_R.JPG

やはり奈良はのんびりしている。受付のおばさんは居眠り状態であった。そばには4個入りの柿が100円で売ってる。350円払って西門より入る

聖徳太子像のある本堂

as28_R.JPG

黒駒(太子の愛馬)

as29_R.JPG

本堂裏にある二面石。飛鳥時代のもので人間の善悪二面を表したものらしい

as30_R.JPG

善人顔

as31_R.JPG

悪人顔

as32_R.JPG

as33_R.JPG

as34_R.JPG

流石に聖徳太子ゆかりの物が多い

受付のおばさんがお勧めと言っていた往生院へ。写経場であるが天井画が素晴らしいとの事。オーブみたいな光の球体はレンズの反射だろう

as35_R.JPG

as36_R.JPG

廊下からの景色 素晴らしいの一言

as37_R.JPG

素晴らしい天井画。格子の中に綺麗な華が260点描かれている。

as38_R.JPG

as39_R.JPG

次はネーミングが変な遺跡、鬼の雪隠と鬼の俎(まないた)へ

as40_R.JPG

畑の中にぽつんとその遺跡はある

as41_R.JPG

as42_R.JPG

as43_R.JPG

これももとはと言えば誰かの墓であったろうに。後世で雪隠呼ばわりされてさぞかし悔しいに違いない?すぐ近くの竹やぶにこの墓の蓋(鬼の俎)があるas44_R.JPG

as45_R.JPG

これが鬼の俎  一応柵があり宮内庁管轄となっている。という事は皇族ゆかりの墓か?雪隠呼ばわりしてもOKかー?

as46_R.JPG

as47_R.JPG

雪隠(トイレ)と俎(まないた) 本当に一緒にするにはやはり変・・・

でも周辺景色は抜群

as48_R.JPG

最後に猿石がある欽明天皇陵へ

as49_R.JPG

as50_R.JPG

as51_R.JPG

同じ場所に吉備姫王墓がありそこに猿石がある

as52_R.JPG

as53_R.JPG

as54_R.JPG

一見すると分からないが柵の中をよく見ると左右に猿石が。これも猿には見えないが、、、

as55_R.JPG

左側の石

as56_R.JPG

右側の石

as57_R.JPG

平日だからと思うがそれでも奈良はゆっくりと回れるので、観光地としては好きな場所である。また地域限定して回ろうと思う

4時40分無事帰宅 走行距離198km


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 京都隠れパワースポット・御利益ツーリング

10月25日 かなり冷え込んできた今日この頃であるが、久しぶりに京都市内のパワースポットへ行ってみる。

11時40分と遅い出発であるがネットで高速情報を見ても渋滞なし。40分ぐらいで名神京都東に到着。秋の休日のしかも好天な日に道路がすいている、、、特異日?

まずは京都御所近くの梨木神社へ。ここは明治18年創設と比較的新しい神社であるが染井の水と呼ばれる井戸があり京都3名水に数えられている。

ky1_R.JPG

一時期新聞をにぎわせたが、敷地内の一部にマンションが建設されている。地代で神社側の運営費に充填させなければ存続が難しいとの事だ

ky2_R.JPG

ky3_R.JPG

拝殿

ky4_R.JPG

梨木神社すぐ横には京都御苑(京都御所)がある

ky5_R.JPG

ky6_R.JPG

御所は御苑内にあるが、御苑が広大すぎて表からだけにする

ky7_R.JPG

瓦塀が延々と続く

ky8_R.JPG

御苑の一部(東側より)

ky9_R.JPG

次に御所の西側にある晴明神社へ。 魔よけ・厄除けに御利益がある。

一の鳥居前にて 鳥居には晴明桔梗印いわゆるセーマン記号が。木・火・土・金・水の5行から成り立つ星のマークである

ky10_R.JPG

二の鳥居前にて。狭い神社であるが凄い参拝者だ!

ky11_R.JPG

入ってすぐ左に一條戻橋の一部が。

ky12_R.JPG

ky13_R.JPG

左の不気味な石像は式神。陰陽師が使う精霊で人間の目には見えないとの事。

ky14_R.JPG

ky15_R.JPG

皆が摩って桃はピカピカ!!

ky16_R.JPG

続いて北野天満宮近くの大将軍八神社へ。

日曜という事で一部車両通行止めがあり、たどり着くのに時間がかかったがようやく到着

ky17_R.JPG

この神社は2年程前テレビで取り上げられてから人気UP。その当時北斗七星をデザインしたお守りが品薄で買えなかったが本日入手。

ky18_R.JPG

ここは方除けに御利益が。

ky19_R.JPG

本殿の真ん前に星をかたどったオブジェがある。

ky20_R.JPG

ky21_R.JPG

大将軍とは陰陽道の方位神で方角の吉凶を司る神。5月と11月の期間 境内の方徳殿で重文の80神像群の公開があるとの事だが早すぎたか?

ここらで少し観光に戻り、、嵐山へ 渡月橋を渡り嵐山公園で休憩

ky22_R.JPG

渡月橋には大勢の観光客が。さすがに外人さんが多い。

ky23_R.JPG

ky24_R.JPG

嵐山の紅葉はまだまだのようだ

ky25_R.JPG

近くに天龍寺があるがその近くに嵯峨の竹林があり行ってみる。

ky26_R.JPG

ky27_R.JPG

夜間はライトUPされる。こんな感じ、、、、京都観光HPより

sagano-chikurin03.jpg

ky28_R.JPG

写真ではわからないが観光客でここもごった返し状態。竹林というより雑踏

暫く行くと縁結びの御利益がある野宮神社に到着。

ky29_R.JPG

ここの鳥居は黒木鳥居と言われクヌギの木で出来ていて最古の鳥居様式である

ky30_R.JPG

ky31_R.JPG

ky32_R.JPG

縁結びとあってカップルや女性の観光客でいっぱいだ!!おっさんには無関係かー

ky33_R.JPG

とりあえず亀石には触っておこう

ky34_R.JPG

さらに奥へ進むとJRをこえてまだ竹林が続く

ky35_R.JPG

ky36_R.JPG

人力車もこれだけ並ぶと圧巻!!

ky37_R.JPG

踏切のガードマンさんがトロッコ列車が通りまーすとアナウンスしてくれた。たちまち踏切にはトロッコ列車を見ようと観光客が殺到

ky38_R.JPG

渡月橋まで戻ることに。トイレがなかなか見つからないが天龍寺界隈にぶらり嵐山という施設がありそこで休憩。

ky39_R.JPG 

ky40_R.JPG

十分パワーを頂いたようなので帰宅する事に。やはり夕方の高速走行は冷える

吹田SAにて。バイクは少ない

ky41_R.JPG

晴明神社と大将軍八神社で購入したお守り。これで残り少ない今年のツーリングも大丈夫?に違いない  って思っておこう

ky42_R.jpg

5時15分無事帰宅 走行距離128km 高速も含め帰りも全く渋滞に合わなかったが一種の御利益か?


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 淡路島バイクフェスタツーリング

10月18日 年に何回もないくらい晴天のなか前回のブログで宣言した淡路島のバイクフェスタに行ってきましたー!!関西最大級のフェスタとの事だ。

ドラッグマシンとエクストリームバイクショウが見たかったので10時というやや遅めに出発。

尼崎から阪神高速で淡路へ。40分たらずで淡路SA到着。道中も異常なくらいバイクだらけ。

a1_R.JPG

多分会場内は飲み物が売り切れもしくは高いと思ったのでSAで買込んで出発

a2_R.JPG

高速から国道28に出るまでもバイクだらけ。ソロツーリングのはずが集団の中に紛れ込んでしまう。

入場料500円は事前にミラーにクリップを止めそれに500円玉を挟んでいたのですぐに入場できた。

a3_R.JPG

それにしてもバイク・バイク・バイク!!!なのだー

a4_R.JPG

a5_R.JPG

サイドカーの一角

a6_R.JPG

会場内の案内板

a7_R.JPG

バイク会場は海側で公園は山側にある。その山側への陸橋から眺めると・・・・凄いことになっていた。昨年よりも参加台数が多いのでは??? はるか彼方までバイク。

a8_R.JPG

こちらは本部と出展ブース側

a9_R.JPG

しばし会場内のバイク視察

a10_R.JPG

a11_R.JPG

地元だけあってさすがにカワサキが多い。これはメカゴジラ?

a12_R.JPG

そうこうしてる間にミニミニ長渕さんのミニコンサートが始まった

a14_R.JPG

東大阪の方らしく歌も笑いも素晴らしい。

MCの古澤恵さんも写真を撮りに目の前に来た

a15_R.JPG

地元淡路のアイドルユニット ハニーハニーのライブも。

a16_R.JPG

古澤恵さん

a17_R.JPG

またまた会場内を散策

なんか懐かしい昔見た映画 マッドマックスに出ていたバイク

a18_R.JPG

KH750 フルレストアで綺麗なバイク

a19_R.JPG

a20_R.JPG

予想通り自販機は全て売り切れ、小腹がすいたので会場内の屋台で空腹を満たす

a21_R.JPG

淡路市長の挨拶があり、いままで125cc以下のバイクは淡路島に行けなかったが淡路市がフェリー(ジェノバライン)を買い取って独自に運行させるそうだ!これで原付でも淡路島へ行けるようになる。

高台から見てると何やらトラックの荷台が開きたくさんの見物人が集合

a22_R.JPG

行ってみると13時からのドラッグレースの為のマシンのスタンバイである。

a23_R.JPG

a24_R.JPG

ライダーは重松さんという方で世界チャンピオンとの事。ブルーパンサーレーシングチーム所属でこのバイクは3200cc!!850馬力 もう空を飛びそうである。ドローンも撮影に参加

a25_R.JPG

皆で一斉にカウントダウン

a26_R.JPG

戦車が目の前を高速で走り抜ける様なけたたましい轟音・煙とともにあっという間に彼方へ

a27_R.JPG

係りの方が押して元の位置へ

a28_R.JPG

初めて見たけど、着ている服が破れそうなぐらいの空気振動。アスファルトが飛び散るんじゃないかと心配したくらい。タイヤ痕がバックトゥザフューチャーの様

a29_R.JPG

今回はブルーパンサーのご厚意によりこのマシンに跨っての写真撮影が許可された。

a30_R.JPG

a31_R.JPG

後輪は超極太のスリックタイヤ。後部にはパラシュートが付いていた

このあと地元淡路の跳猿の方々による阿波踊りのパフォーマンスが。

a32_R.JPG

こちらの太鼓もなかなかの迫力であった。

a33_R.JPG

a34_R.JPG

ようやく待ちに待ったエクストリームバイクショウが始まった。

a35_R.JPG

ライダーの木下真輔さんが準備運動も披露してくれたが流石に身体は柔軟でした

a36_R.JPG

いきなりタンク部で直立、そのまま方向転換

a37_R.JPG

a38_R.JPG

もうここからは目の前で何が起こってるのか??? 重力、遠心力はどこへいった?という感じ

a40_R.JPG

a41_R.JPG

途中KTMにマシンが変わるがパフォーマンスは全く変わらず

a42_R.JPG

a43_R.JPG

ブレーキングしながらの低速走行。凄いタイヤ煙

a44_R.JPG

更にマシンは変わりあの名車Z1へ

a45_R.JPG

カメラマンも凄い位置から構えてる

a46_R.JPG

木下選手にかかるとZ1であろうがひたすら分廻し!

a47_R.JPG

リヤフェンダーもアスファルトに擦られ変形する始末。

a48_R.JPG

こんな市販車も楽々リフトUP 凄いテクニックである

a49_R.JPG

移動する手段のバイク以外に別の楽しみ方を味わった今日である。こんな年に数日もないくらい好天な日に淡路島に居ながら一周しないのはもったいないと思っていたが十分にバイクを楽しめた!

3時半無事帰宅  走行距離120km

バイクフェスタのシールをMCの古澤さんより頂いたが写真撮るのを忘れそれだけが悔いに残った。

a50_R.jpg


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 中秋の琵琶湖ツーリング

10月12日 世間的には3連休であるが、こちらは土曜日が出勤であるため久々の連休。やや物足りない天気であるがどこへ行こうか? 琵琶湖一周や淡路島一周は大体はずれがない(いつでも最高)が、10月18日に淡路バイクフェスタがあるので本日はまたまた琵琶湖一周決行。

8時40分尼崎出発 名神高速で京都東~湖西道路、雄琴でおりまずは浮見堂へ

bw1.JPG 

国道161から細い路地を抜けると浮見堂が。バイクは手前の観光専用の駐車場で駐車。観光なら無料のこと。

bw2.JPG

bw3.JPG

浮見堂入り口。観光用の写真では琵琶湖に突き出てるお寺というイメージがあるが正面からだとこんな感じである

bw4.JPG

住宅の路地を抜けるとイメージ通りにみえる場所がある

bw5.JPG

bw6.JPG

下道の161号線は混んでいるので再度真野ICより湖西道路にのり近江舞子まで時間を稼ぐが小松ランプで渋滞。がバイクの機動性を活かし白髭神社に到着。琵琶湖走行時には必ず立ち寄る神社である。

bw7.JPG

bw8.JPG

普段はガラガラであるが流石にここも混んでいた!

対面の琵琶湖内の鳥居

bw9.JPG

琵琶湖が輝いてまぶしいくらいだ。いつも立ち寄る道の駅 藤樹の里あどがわ は避け地方道の304号でしんあさひ風車村へ行ってみる。

bw10.JPG

ここはガラガラであった。きょうび道の駅は野菜市場化していてそれによって人気が出てるが風車だけでは客寄せにはならないか?

bw11.JPG

bw12.JPG

場内の池のあひる

bw13.JPG

木津あたりで県道54にはいる。これは風車街道と呼ばれてるようだ。信号が少なく交通量もないので逆にスピードが出しづらい。

bw14.JPG

それにしても田園の風景が変わってきた。黄金色の田畑でなくいたる所で太陽電池畑 化しているのだ!!

今津浜にて

bw15.JPG

bw16.JPG

いつでもそう思うが湖というより海みたいである。ちゃんと波も起きている

bw17.JPG

海津で奥琵琶湖パークウェイのほうへ。この地方道557号線は4km近く桜並木が続いていて春先はむっちゃ素晴らしい道路となるがそれ以外は通行量が少ない。

bw18.JPG

bw19.JPG

bw20.JPG

奥琵琶湖は交通量もあまりなくこんなのんびりムード

bw21.JPG

ここから奥琵琶湖パークウェイの始り

bw22.JPG

徐々に琵琶湖が眼下へと。

bw23.JPG

ようやくつづらお展望台に到着。

bw24.JPG

bw25.JPG

bw26.JPG

結構寒いかと思ったが19°ぐらいでなんのその。しかし他のバイカーは冬装備のようである。

この展望台からは右回りに一方通行で走りやすい、がしかし長年身についたキープレフト 対向車が無いとわかっていてもカーブでセンターラインまではみ出るとヒヤリとしてしまう。

琵琶湖が幻想的に見える

bw27.JPG

bw28.JPG

国道8号線から地方道331号線へ。ここから湖岸道路は さざなみ街道と呼ばれていてこれまた信号が少なく走りやすい

道の駅 湖北みずどりステーションでコーヒータイム。この道の駅は好きな場所の一つ。建物が鳥の形をしているのだ。

bw29.JPG

bw30.JPG

長浜びわこ大仏

bw31.JPG

こちらは長浜ドーム

bw32.JPG

イベント等は無かったようだが駐車場は満車。

bw33.JPG

またまた道の駅 近江母の郷。取りあえず寄ってみた

bw34.JPG

bw35.JPG

bw36.JPG

初老の方がエレキギターで音楽を奏でられていて場内の雰囲気がよかった。

彦根市から東近江市に入る。信号待ちの間 小さな橋の欄干が変わっていたのでパシリ。さすがに水郷の町である

bw37.JPG

県道25号線の水車橋より地方道511号線へ。この道路は地図でもわかるとおり延々と直線が続く。周りも黄金色一色!!

bw38.JPG

この道路と並んで大同川が流れているが、閘門があったので寄ってみる

bw39.JPG

bw40.JPG

琵琶湖の水位の変化によって大同川の水位を調整してるとの事だ。ここでPM3時半、暗くなる前に帰宅したかったので名神竜王ICを目指すことに。

それにしても以前乗っていたTDR250は琵琶湖一周でもガソリンスタンドを探しながらのツーリングであったが、このGSRは全くガソリンの心配は無い。満タンで400kmぐらい走れそうだ。

5時半 無事帰宅 走行距離340km 10月18日は雨天でなければ淡路島の明石海峡公園で行われるバイクフェスタへ行く予定。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 奈良・曽爾高原~室生寺 初秋ツーリング

10月3日 当分休みが取れそうもない忙しさが始まるので先に休日取得。全くの快晴の中、2年前にTDRでいった奈良の曽爾高原へ行ってみる事に。事前にライブカメラを確認するとススキが丁度いい具合に。

TDRの時は一般道で行ったので3時間以上片道に要したが、今回は阪神高速湾岸線ー泉北高速ー阪和道ー南阪和道で時間を稼ぐことに

9時出発。高速をおりK165からK369号線へ。この辺りは以前の大神神社と同じルートだ。

s1_R.JPG

桜井市に入り長谷寺前で

s2_R.JPG

桜井あたりの段々畑で稲が綺麗に実っていた!!

s3_R.JPG

曽爾村に入る。ここまでで2時間ちょっと、高速効果がかなり出てそうだ。

s4_R.JPG

s5_R.JPG

この369号線は伊勢本街道と呼ばれている、もちょっと東へ行けば伊勢までもう少しのところだ。

s6_R.JPG

鎧岳が見えてきた。前方の尖った山がそうである

s7_R.JPG

ちょっと肌寒いが気持ちいい。曽爾高原進入口にガードマンがいて多少混雑していたが駐車場到着。

s8_R.JPG

バイク置き場は満車で四輪の所に駐車して下さいとの事。バイクは200円なり。

s9_R.JPG

早速高原へ

s10_R.JPG

s11_R.JPG

細い通路を抜けると広大な景色が!!

s12_R.JPG

s13_R.JPG

2度目であるが本当に爽快々。

s14_R.JPG

s15_R.JPG

s16_R.JPG

s17_R.JPG

斜面一面ぜーんぶススキ。風が吹く度山肌が景色を変える・・・・凄いの一言

山頂の途中まで上る。

s18_R.JPG

みなさんベンチで休憩・食事タイム

s19_R.JPG

s20_R.JPG

11月まで夜間のライトUPがあるとの事だ。このゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポストみたいな照明に灯りが灯る。たぶん綺麗に違いないが夜間まではいられないので次の屏風岩へ移動する。

s21_R.JPG

前回の丹後半島でも屏風岩がありちょっとがっかりであったが、、、、ここは凄い

s22_R.JPG

s23_R.JPG

遠目では木々の幹かと見えたが断崖絶壁が延々と続いている。望遠でこんな感じ

s24_R.JPG

天気もいいし大自然真っ只中。十分満喫したので今度は室生寺で清めの拝観。

s25_R.JPG

土曜であるがどっかの高校の修学旅行と重なったぐらいでガラガラであった。派出所もレトロ。

s26_R.JPG

室生川にかかる太鼓橋

s27_R.JPG

s28_R.JPG

s29_R.JPG

女人を禁制した高野山に対し、室生寺は女人にも救済をはかる真言道場として女人の参拝を許したことで女人高野と呼ばれている

s30_R.JPG

s31_R.JPG

拝観料600円支払い中へ

金堂

s32_R.JPG

s33_R.JPG

釈迦如来像、薬師如来、十一面観音像があり運慶作の十二神将像が守ってる。写真が禁止なのが残念である。

本堂

s34_R.JPG

本堂と室生寺で有名な五重塔のツーショット

s35_R.JPG

s36_R.JPG

s37_R.JPG

結構こじんまりとしている。がその分作りこみがしっかりとしているように見えた。

s38_R.JPG

近くの石仏

s39_R.JPG

室生寺だけでは遠すぎてなかなか行けなかったが、今回曽爾高原とコラボで行けてよかった。

明日4日の日曜も快晴との事で、ツーリング連チャンとするか贅沢な悩みの中帰宅する事に

3時40分無事帰宅 走行距離260km


nice!(21)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク