So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年 京都最北端・丹後半島経ヶ岬久しぶりのツーリング

9月23日 シルバーウィーク最終日、ツーリングブログを始めたころによく行った丹後半島を目指すことに。この間は本州最南端の和歌山であったが、今回は近畿最北端とこれまた走りっぱなしになりそうだ!

8時40分 尼崎出発 名神高速の大山崎から京都縦貫道で与謝天橋立へ

前回の天橋立ツーリングと同じ 道の駅味夢の里で休憩。ここでちょうど1時間

t1_R.JPG

ちょっと停めてる間に続々と車が。

t2_R.JPG

出来たばかりの道の駅で人気が高いようだ。 中ではうどんの麺うちが見れるがたまたま打ちあがった後だった。

t3_R.JPG

与謝天橋立で高速をおりる

t4_R.JPG

右折して伊根のほうへ。経ヶ岬まで33km

t5_R.JPG

途中これまた久しぶりの 丹後海と星の見える丘公園 に立ち寄る

t6_R.JPG

4年前と全く変わっていないが、ここからの若狭湾の景色は最高!といいたいが曇っていて今一つ。

t7_R.JPG

国道178に戻り 舟屋の里・伊根へ

t8_R.JPG

ここも変わりなし。道の駅舟屋の里伊根で休憩するが超満車。

t9_R.JPG

ここからの舟屋方面の景色もグッド。

t10_R.JPG

t11_R.JPG

スナック菓子で軽く昼食をとりすぐさま走行。蒲入ロードパークで景色休憩。ここからの日本海の眺めも素晴らしい。しきりに漁港めしの看板が出てくるがMCショップの北本さんのブログで出てくる場所はこのあたりかー!

t12_R.JPG

t13_R.JPG

ここからも水平線が軽く弧を描いてるのがわかるぐらいパノラマ景色

t14_R.JPG

経ヶ岬に到着。TDR250、CBR1000Fでも来た経ヶ岬。私のツーリングの原点といってもいいくらい。

t15_R.JPG

名前の由来は諸説あるようだが、この辺りの崖が経典を立てたように見えるからが有力の事

t16_R.JPG

以前は行楽シーズンでも閑散としていたが賑わってるし、やっと自販機が設置された。これで缶コーヒ飲みながら岬の景色を堪能できる。隼を超望遠レンズのカメラで撮影する事が一時流行っていたようだが本日はそういう方々はいなかった。

t17_R.JPG

経ヶ岬からの景色

t18_R.JPG

t19_R.JPG

t20_R.JPG

左に灯台もあるが、、、400m先でもUPがきつく今回はパス。岬まではワインディングロードであったが、ここを過ぎると日本海も堪能できる緩やかな道路に。

袖志の棚田

t21_R.JPG

下から見てもよくわからない

t22_R.JPG

暫く行くと穴文殊に到着。小さな神社であるがこの横が自衛隊駐屯地になっていてニュースで知った最新のレーダー(Xバンドレーダー)が物々しく設置されていた。ここで北方面の異常をいち早く探知しているのだ!

t23_R.JPG

t24_R.JPG

中央の丸い物体がそのレーダー

t25_R.JPG

犬ヶ岬 油断すると通り過ぎてしまうくらいわかりにくいが丹後松島といわれるくらい風光明媚な場所

t26_R.JPG

t27_R.JPG

松島に似てる風景

t28_R.JPG

屏風岩。ここも一見するとバス停の様で皆さん通り過ぎてしまうようだ。

t29_R.JPG

t30_R.JPG

道の駅 てんきてんき丹後。混雑してるのでパス。

t31_R.JPG

この先に立岩という有名な玄武岩でできた一枚岩があるが、いつもと違う場所に案内板があったので行ってみる。

t32_R.JPG

砂浜の途中まで行けるようになっていた。奥が立岩で周囲が1kmもあるとの事だ

t33_R.JPG

砂浜にある間人(はしうど)皇后と聖徳太子像。争乱時に間人皇后が身を寄せた場所が丹後でその後退座したことで はしうど と呼び捨てでなく たいざ(間人) と呼ぶようになったとの事

t34_R.JPG

t35_R.JPG

立岩の普通のビューポイント

t36_R.JPG

t37_R.JPG

t38_R.JPG

この場所は水無月神社の前で、以前はかなり荒れ果てていたが綺麗に修復されていた

t39_R.JPG

t399_R.JPG

ここから国道482で丹後半島の山間部を通って戻ることも考えたが、海岸線を堪能したく同じルートで戻ることに。走行側が海なのでよそ見したくなるが安全運転で与謝天橋立ICへ。

好きな由良川PAで。ここもいつの間にか綺麗に整備されていた。

t40_R.JPG

南丹PAでトイレ休憩

t41_R.JPG

t42_R.JPG

本日は連休最終日ということで皆さん行楽控えか?全く混むことなく5時帰宅

走行距離 407km

京都縦貫道が全線開通してから本当に日本海方面が楽になった。!!


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 和歌山県 飛び地の北山村・瀞峡・中辺路ロングツーリング

9月20日 休日で本当に久しぶりの快晴。ただただ走るだけのツーリングもいいかな?と思い奈良十津川村の瀞峡まで足を運ぶことに。

紀伊半島中央部は高速道路が無いため時間がかかる、またシルバーウィーク突入の為の渋滞覚悟で9時27分出発

d1_R.JPG

出来る限り時間を稼ぐべく、阪神高速湾岸線利用。北助松JCTより阪和道へ、南阪和道の小房でおりK169号線へ。あとは道なり

d2_R.JPG

d3_R.JPG

前回の大台ケ原ツーリングの再現みたいだ!

大台ケ原手前のループ橋

d4_R.JPG

大台ケ原ドライブウェイ入り口手前でコーヒー休憩。ここまで2時間ちょっと休憩なし。

d5_R.JPG

あのバイクは大台ケ原へいくようだ。こちらの目的はまだまだ先にある。

d6_R.JPG

d7_R.JPG

みちが世界遺産

d8_R.JPG

169号線の様子

d9_R.JPG

ツチノコの標識が面白い。

d10_R.JPG

熊野市に入る。もうこの辺りは和歌山・奈良・三重県が入り交ってる。

d11_R.JPG

七色ダムに到着

d12_R.JPG

 台風以降、川も本来の綺麗なエメラルドグリーンに戻っているようだ。

d13_R.JPG

d14_R.JPG

この北山川の向こう側が和歌山県で手前が三重県。

d15_R.JPG

ダムが169号線の一部で、渡って和歌山県へ

d16_R.JPG

d17_R.JPG

ダム上部

d18_R.JPG

北山村へ

d19_R.JPG

道の駅おくとろで休憩。飛び地の案内板。よく天気予報で近畿の地図が出るが、奈良と三重に囲まれた小さな県は和歌山の北山村です。和歌山県が2つあるという事?

d20_R.JPG

d21_R.JPG

d22_R.JPG

バイクは少なかった。というよりさすがに遠い!!

北山峡の様子。

d23_R.JPG

d24_R.JPG

ふたたび奈良県十津川村へ。もうすぐ最終目的地の瀞峡だ

d25_R.JPG

ここをUターンすると瀞峡

d26_R.JPG

ようやく到着。ここまでで3時間半近くかかった。

d27_R.JPG

ここも珍しく3県に面している

d28_R.JPG

瀞峡の様子

d29_R.JPG

d30_R.JPG

故郷の宮崎の高千穂に似ている。 それにしても川面がグリーンで綺麗の一言。

d31_R.JPG

遊覧船は座礁しないのかなー?

瀞峡前のバス停

d32_R.JPG

バス便は少ない

d33_R.JPG

さて目的達成。で帰路はK311号線(中辺路)を通って白浜方面へ。

d34_R.JPG

道の駅 熊野古道中辺路で休憩

d35_R.JPG

阪和道の南紀田辺から白浜までの無料区間(田辺バイパス)から高速にのり尼崎へ。南御坊ー広川間で10キロ近くの渋滞に巻き込まれたが6時半無事帰宅

走行距離 430km

本日はほとんど走りっぱなしであったが、最近の豪雨で外を眺めるだけであったモヤモヤ感を吹き飛ばすツーリングとなった。


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015年 京都・大原三千院癒しツーリング

9月13日 休日が取れず、とれても梅雨みたいな異常な天候でなかなかツーリングできなかったが本日やっと曇天。

京都北部の鞍馬寺、貴船神社はバイクツーリング2で行ってるので今回は三千院へ行ってみる事に。天候を見ながらの出発であったので1時前と超遅いツーリング。京都市内を通ると時間がかかるので琵琶湖の湖西道路の真野から国道477~国道367で。

s1_R.JPG

名神高速尼崎から京都東でおり湖西道路へ。不思議と全く渋滞なしで1時間ちょっとで京都の大原へ。道路沿いの駐車場も混んでるかと思いきや全くガラガラ

s2_R.JPG

バイクは1回200円。駐車場のおばさんも商売あがったりとぼやいていたが、親切にもマップを頂いた。小さな川沿いを行けば300m位で三千院に着きますとの事。

s3_R.JPG

s4_R.JPG

途中の服部神社

s5_R.JPG

s6_R.JPG

小道の真ん中に標識が。

s7_R.JPG

程なく参道前に到着

s8_R.JPG

s9_R.JPG

s10_R.JPG

思っていたよりはガラガラでちょっと拍子抜け。まあゆっくり拝観出来るならいいか!

高校の時以来だ!昔デュークエイセスの「女ひとり」というヒットした歌があり。京都~大原三千院恋に疲れた女がひとり~ 。今は京都~大原三千院 仕事に疲れたおっさんがひとり~

御殿門

s11_R.JPG

受付で700円支払い中へ。建物内の撮影は一切禁止、建物から外の庭等は撮影OKとの事。客殿から聚碧園へ ここからの庭の景色はオール緑(碧)で清涼感がある。

s12_R.JPG

s13_R.JPG

往生極楽院のほうへ。

s14_R.JPG

s15_R.JPG

三千院の代名詞になっている有清園庭園 杉ごけが素晴らしい。

s16_R.JPG

s17_R.JPG

杉ごけが青々としてあたり一面本当に緑一色!!

極楽院裏側

s18_R.JPG

s19_R.JPG

s20_R.JPG

滝がどこかはわからなかった。

往生極楽院。阿弥陀三尊像が鎮座してるが工事用の足場で中は養生中であった。お堂の大きさにしては阿弥陀像が大きく、像を納める為天井が舟底の形をしている、、、が暗くてわからず。

s21_R.JPG

s22_R.JPG

見事なコケ。小さいシダのようにも見える。

s23_R.JPG

s24_R.JPG

s25_R.JPG

s26_R.JPG

弁財天。 なんと読むのか?

s27_R.JPG

s28_R.JPG

s29_R.JPG

紫陽花園もあったが流石に時期外れで花は無し。

s31_R.JPG

出来たばかりの円融房

s32_R.JPG

その前で無料休憩所があり梅こぶ茶をふるまっていたのでいっぷく頂く。あまりにも丁寧にお茶の説明をされていたので土産に購入

s35_R.JPG

三千院といえば阿弥陀三尊だけかと思っていたが、院内の庭園が素晴らしく本当に落ち着く場所であった。

帰りも同ルートで。

吹田SAで休憩。

s34_R.JPG

多少湖西道路で渋滞はあったものの4時半無事帰宅。 しばらく水曜の休日が取れそうもないがシルバーウィークで回数を増やそうと思う。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク