So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年 THE FOX GOD 伏見稲荷・雪中参拝

1月15日 三十三間堂の大的大会を見終えて時間があるので外国人に大人気スポットとなっている京都伏見区の伏見稲荷へ行ってみる。 京阪の七条駅から伏見桃山駅で下車。伏見稲荷駅は一部が朱色に塗られ雰囲気を醸し出している。

f1_R.JPG

JR奈良線前で自転車走行でやってきた外人さん達が記念写真を撮ってました。 

f2_R.JPG

入り口前に来ました。 全国約3万社の稲荷神社の総本宮。

f3_R.JPG

雪の中、朱色が際立って綺麗に見えます。

f4_R.JPG

今年は3年連続人気No1の旗が。わざわざ宣伝しなくてもーって思いますが。

f5_R.JPG

楼門。着物を着てる方々はたいがいが外国の方々。

f6_R.JPG

f7_R.JPG

狛犬は当然キツネ様 さしずめ ゆい・もあメタル?

f8_R.JPG

f9_R.JPG

巫女さんを見ると反射的に見てしまうのです。 かなり寒そうですが、、、、

f10_R.JPG

f11_R.JPG

境内案内図。古くから稲荷山全体が信仰の対象となっており、願い事が 通る と言う意味で朱色の鳥居が奉納され今日にいたってるとの事。 

f12_R.JPG

f13_R.JPG

こちらは外拝殿。

f14_R.JPG

こちらが本殿。1499年に再建され今では重文に指定されている。

f15_R.JPG

神楽殿では雪で濡れてる床を巫女さんたちが笑顔で清掃してました。なーんかこれを見てるだけで癒される。

f16_R.JPG

次にこの伏見稲荷の最大の見どころの千本鳥居へ。

f17_R.JPG

ここが始まりの鳥居です。最初はかなり大きいです。

f18_R.JPG

奥に進むにつれて小さくなっていきます。

f19_R.JPG

もう全く日本語が聞こえてきません。さすが外国人に人気No1!

f20_R.JPG

ここで二股に分かれます。右が進行方向、左が戻りの方向です。(4か国語対応)

f21_R.JPG

鳥居の外側はこんな感じです。

f22_R.JPG

本当に白黒の世界に朱色がドーンと映えてます。

f23_R.JPG

f24_R.JPG

f25_R.JPG

f26_R.JPG

f27_R.JPG

f28_R.JPG

朱色が無ければこんな感じです。全くお宮があるかどうかわかりません。

f29_R.JPG

各鳥居は奉納という事で、奉納者の名前が記されてます。鳥居の大きさは5号~10号まであり17.5万~130万の初穂料です。

f30_R.JPG

昨年に頂上まで行ったので今回は途中で下山する事に。 鳥居の外も雪景色で綺麗でした。

f31_R.JPG

またJRの踏切でつかまりました。 この線路内で記念撮影が多発してるとの事でガードマンがいましたが。日本人にとってはなんら珍しくないのですが、、、

f32_R.JPG

今まで雪の京都に来たことが無かったのでたまにはバイクを降りてゆっくり見るのもいいかも?って思いましたー。

今週からまた仕事で忙殺され休みが無くなります。ブログUPが滞る事になるかもしれませんが札幌出張時には雪祭りの状況をまたUPしていきます。







 


nice!(46)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 46

コメント 2

tai-yama

羽織に雪駄の外国の方も居たり。でも、寒そう・・・・(笑)。
金閣寺より伏見稲荷の方が人気有るんですね。ちょっと意外だったり。
by tai-yama (2017-01-24 23:33) 

tomi_tomi

tai-yamaさん

そうなんですよ。金閣寺は綺麗なんですが、伏見稲荷の延々と続く朱色の鳥居は神秘的で惹きつけるのかもしれません。
by tomi_tomi (2017-01-24 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0