So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2017年 日本最大!JR東京駅プチ観光と謎のマーク調査

12月10日 日曜であるがまた出張の為東京移動。せっかくの大阪モーターショウを楽しみにしていたが断念。。。


せっかくなので東京駅の丸の内側広場の工事が終わり、新しくなったとのことで暗くなる前に出発。


新幹線利用時は必ず3列席の窓側を指定。たいがいは真ん中席は空席が多くゆったり座れるから。今回もゆったり座れた。ただ3列側だと行きでの富士山が見れないのが残念であるが、静岡駅手前あたりでちょっとだけ富士山が望める


t1_R.JPG


東京駅に着きました。新幹線からJR側に乗り換えたすぐの所に床タイルの一部が変わった模様になっています。 ほぼ白いタイルですがここだけ何かのマーク見たいに示されています。


(これはすでに知れ渡ってる話のようですが、しょっちゅう出張している私が知らなかったのであえて取り上げました。)


t2_R.JPG


すぐそばの柱にはこのような案内プレートが。 



t3_R.JPG


 関西の私が言うまでもなく、東京の方なら存じてるとは思いますが構内はごった返していて皆さん無関心。というか知らない方も多いかも?


広場の工事が終わったとのことで丸の内側へ出てみる。


t4_R.JPG


丸の内中央広場は綺麗に整備されていて皆さんそれぞれに写真を撮ってました。


t5_R.JPG



t6_R.JPG


もとは大正3年に辰野金吾氏の設計で建築され昭和20年の戦火で一部を焼失、平成24年10月に耐震工事も含め復元されたとか。


t7_R.JPG


なんでもそうだが先人の先見の明には感心するばかり。大正時代にこの巨大駅を設計していたのだから。


t8_R.JPG


ビル群の中でこのようなレトロ調の建物を見ると非常に斬新な感じがする。


t9_R.JPG


丸の内側から皇居方面を見渡す。広場が完成しすっきり見渡せる。


t10_R.JPG


丸の内駅南のドームへ行って見る。


t11_R.JPG


天井はこんな感じ。 デザインは欧米風?


t12_R.JPG


 ここ南口の切符売り場の床にも謎のマークが。 丸印の部分。


t13_R.JPG


ここにも近くの柱に案内プレートが。(ピンボケですみません)


t14_R.JPG


時の総理大臣 原敬が暗殺された場所らしい。 ここでも皆さん関心なし。総理クラスからもっとレベルを下げると日本中へんなマークだらけになりそう、、、、と考えるのは私だけ?


悪い意味でのマークではなくいい意味のマークを張ったらどうかな? 超有名人が立ち止った場所とか。。。。


以上東京駅プチ観光完了!


nice!(23)  コメント(2) 

2017年 続巨石神社・西宮越木岩神社ツーリング

12月6日 今季一番の寒さの中、西宮の越木岩神社へ行ってみる。関西では六甲山に巨石文明の痕跡が多数残っていてこの神社はその一部?かもしれない


国道43号線の建石交差点を北上、地方道82号線を道なりに六甲山方面へ進むとこのブログで度々登場する謎の巨石が道路に。 撤去すると祟りが有るとか無いとかで通行の邪魔になっているが、、、



r1_R.JPG


この巨石の向こうは小高くなっていて西宮北山公園である。主に植物園なのだが磐座とよばれる巨石が多数ある事でも有名な公園。


r2_R.JPG


その小高くなっている斜面を少し上ると巨石が下部の道路に落ちないよう台座が設けられていました。 という事は先の巨石もこの辺りから転げ落ちた岩だと断定できる?


r3_R.JPG


たんなるローリングストーンかもしれない?


越木岩神社の案内が見えてきたので左折する。


r4_R.JPG


無料駐車場もありバイクを止めて境内散策。まずは本殿へ


r5_R.JPG



r6_R.JPG


この巨石信仰神社から大阪城築城の為の石が多数採石されたようです。 風車みたいな刻印は備中守の刻印で、大阪城の天守や本丸の石垣等を築いた大名の事


r7_R.JPG


境内にはこんな張り紙もありました。神社の東側にマンション建設の予定があり、その敷地内にこの辺りの巨石文明の流れをくむ3つの磐座がありその保存を求める活動のもの。


r8_R.JPG


神社すぐ横のマンション予定地。


r9_R.JPG


岩社では霊石の甑岩を祀っていてその巨大さにうまく写真では納まらない。


r10_R.JPG



r11_R.JPG


岩社。その後ろの巨石が甑岩。築城の為切り出そうとしたところ凄い音と煙が、、、それが本当なら圧力をかけると電気が発生する石英を多く含んだ岩石か?たしか花崗岩だったのでもしかしたら実話かも。


r12_R.JPG


右回りに回ってみる。


r13_R.JPG



r14_R.JPG


一部の岩では切り出そうとした跡が見て取れます


r15_R.JPG


阪神大震災で一部壊れたところがへんな形で修復されてます


r16_R.JPG



r17_R.JPG


この巨石も大阪城まで切り出そうとしていたようです。大阪までかなりの距離・高低差がありますが大名の力は偉大だったに違いない。


r18_R.JPG


甑岩全貌


r19_R.JPG


こちらは貴船社。


r20_R.JPG



r21_R.JPG


神社で一番北側に鎮座する北座。


r22_R.JPG


こちらは南座。敷地内は本当に巨石ばかりです


r23_R.JPG


この岩にも切り出しの跡があります


r24_R.JPG


参道から離れかなり奥へ入るとこのような岩も。きれいにくさびを打ち込んだ跡があります。


r25_R.JPG


r26_R.JPG


以前ツーリングした小豆島にも多数の大阪城築城の為の採石場跡が多数あり、築城は国家の一大プロジェクトだったのだーとあらためて思う。


今 尼崎城の築城が始まっていますが最新の建設機械・道具・足場で淡々と進んでいます。単なる一つの建物が出来るような感じで国家どころか市民にさえ関心がなさそう。


六甲の山中はまだまだ多数の磐座が点在していて見に行きたいのですが、バイク通行禁止とかなりの脚力が必要なので、、、行けたらまたUPします。








nice!(46)  コメント(6) 

2017年 奈良大仏池紅葉ツーリング

12月3 日 午後から博多出張。 年末まで出張続きで今年は紅葉が楽しめそうに無く、、、午前中の時間を利用して奈良まで行ってみる。


阪神高速から第二阪奈で奈良東大寺方面へ。本当は奈良奥山ドライブウェイを走行したいのだが出張時間に間に合わないため東大寺大仏殿横の大仏池で紅葉見学。(ここは人手も少なくかつ紅葉としてはハズレがない)



n1_R.JPG


10時ちょうど到着。 奈良公園周辺特有の交通標識「鹿に注意」があちこちに。



n2_R.JPG



n3_R.JPG


到着時は靄ってましたが、帰るあたりに日差しが。木々の紅葉が余計に綺麗にみえます。


n4_R.JPG


大仏殿を望む。毎回このアングルははずせない。


n5_R.JPG




n6_R.JPG



n7_R.JPG



n8_R.JPG



n9_R.JPG


もみじとイチョウがそれぞれ紅葉と黄葉を競ってるようです。



n10_R.JPG


池におりてイチョウの周りで鹿が来るのを待ってると、、、


n11_R.JPG


すぐに寄ってきました。何を食べてるかわかりませんが、皆さんの被写体に。


n12_R.JPG


東福寺や永観堂、北野天満宮等々紅葉の見どころは多数ありますが今年は奈良の大仏池で我慢しして博多へ移動


博多駅到着。ホテルへ向かう為、博多口から出るとなんと!凄いイルミネーション


h1_R.JPG



h2_R.JPG


JR駅前でこんなにど派手なイルミネーションは博多ぐらいでは?


h3_R.JPG


今回はこんなゆるキャラみたいなものも登場


h4_R.JPG


奈良の自然の紅葉から一気に都会の電飾。冬の風物詩とするなら人工の紅葉として見ておこう。







nice!(44)  コメント(5) 

2017年 ジャスティスリーグ・札幌にスーパーヒーロー集合!

11月25日 23日から札幌出張。25日に帰路のため新千歳空港に。搭乗まで時間があったので空港内を散策していると空港内になんとスーパーヒーローの集合!


h1.JPG


国内で11月23日から公開されてるアメリカの映画・ジャスティスリーグの宣伝で等身大?の各ヒーローフィギアが設置されてました。


h2.JPG



h3.JPG


バットマンとフラッシュ。 バットマンはベン・アフレック フラッシュはエズラ・ミラーが演じている。 超高速で活動できるメタヒューマンとの事


h4.JPG


スーパーマンとワンダーウーマン。 スーパーマンはヘンリー・カヴィル ワンダーウーマンはガル・ガドット。アマゾン族の王女との事


h5.JPG


サイボーグ。レイ・フィッシャーが演じて、フットボールの選手でしたが事故の治療で身体中の大部分が機械化されたそうだ。


h6.JPG


アクアマン。ジェイソン・モモアが演じ、アトランティスで生また水陸両棲のアトランティス人との事


h7.JPG


アメリカの超大作コミック映画の宣伝が東京・大阪でなく札幌からとは、、それだけ大都市国際都市になったのだなーと思いつつ空路へ。


(空港内に映画館ソラシネちとせがありそこでの宣伝用でした)




nice!(48)  コメント(2) 

2017年 懐かしのマジンガーZ登場!神戸プチツーリング

11月26日 神戸ハーバーランド内の商業施設カルメニの1階にスーパーロボット「マジンガーZ」の胸像が展示されてるとの事で見にいってみる


阪神高速の京橋ICでおりモザイク方面へ。日曜は若者でいっぱい。さすが神戸の中心地。


カルメニに到着。バイクは近くのバイク置き場へ。


k1_R.JPG


エントランス前の金属製のキリンとクリスマスツリーのイルミネーション。


k2_R.JPG


屋外コンサート場では若者のアカペラが披露されてました。


k3_R.JPG


エントランスに入るといきなり マジンガーZ の登場です


k4_R.JPG


劇場版マジンガーZ/インフィニティが来年1月13日から公開される記念企画との事。


胸像の展示は11月28日までの事。今日見れて良かった。


k5_R.JPG


テレビで見ていた時の記憶よりはるかにかっこよくなって登場!


k6_R.JPG


両腕はロケットパンチで飛び出し、胸の赤い部分からはブレストファイヤーが。懐かしいなー

ちょっと筋骨隆々になってるなー。ロボット界でもRAIZAP?


k7_R.JPG


裏側はこんな感じ。


k8_R.JPG


今から40数年前にテレビ放送が開始。頭の上には兜甲児が操縦するパイルダー(乗用のドローンみたいな乗り物)がドッキングして Z が操縦できる


思えば40年前から乗用のドローンがアニメ化されていたと思うと、原作者の永井豪さんの想像力は凄い!


k9_R.JPG


それから暫くぶりにポートターミナルへ行ってみる。2時半に豪華客船の入港予定との事。


2時30分ちょうど到着。残念ながらすでに入港しているようだ。客船の煙突が見て取れる。


k10_R.JPG


今回の客船の情報。入港のセレモニーが見れなかったがまあいいか。


k11_R.JPG


船首側。あえて巨大に造らずコンパクト造船。小さな港でも入港できるようにとの事でそれもありかも?


k12_R.JPG



k13_R.JPG


丸窓も客室のようだ。バルコニーが少なくすっきりとした外観。


k14_R.JPG



k15_R.JPG


船尾側。救命艇が少ないように見えるし固定位置がかなり上部にある。


k16_R.JPG



k17_R.JPG


スクリューが2か所、舵もしっかりついてます。


k18_R.JPG



k19_R.JPG



k20_R.JPG


今年の入港予定もわずかで、一時の巨大豪華客船続々とは無いようだが開港150年の今年だけではなく来年以降も豪華客船の入港を望みながら帰路につく。





nice!(48)  コメント(6) 

2017年 続巨石神社 天乃石立神社・柳生の里ツーリング

11月21日 会社臨時休業日 快晴の中本日のツーリング先は前回の山添ツーリングと同様、奈良県の柳生の里にある天乃石立神社へ行って見る。


何分調査不足で前回のツーリングで分っていたら、1日で回れたのに、、、、まあ走ることも必要でこれもありかと。


前回と同様に名阪国道に乗り一本松ICでおりK369号線沿いを走るとやっと案内板を発見。観光地みたいにドカドカと大きな看板は無く非常に分かりにくい。



a1_R.JPG



a0_R.JPG


国道からは信じられないくらい細道に入るのだが、急斜面で大量の落ち葉で路面が見えず、ふと立ちコケの恐怖がよぎるが突っ走ることに。


ちょっとだけ平らな場所があったのでバイクを駐車。ここから徒歩で


a2_R.JPG


鳥居が見えてきました。この神社は本殿がなく巨石を御神体として崇めているとの事


a3_R.JPG


参道を進みます。前回同様なにか出そうな雰囲気ですが高齢者のハイカーが大勢いて安心しました。


a4_R.JPG


巨石の登場です。


a5_R.JPG


横から見るとこんな感じ。人工的に加工されたように見えます。右側が天石吸神社、左が天石立神社との事。 節理という作用が働いて堅い岩でもこのように綺麗な割れ目が出来るらしい。


a6_R.JPG


その後拝殿まで巨石が2つ鎮座しています。手前の三角形の巨石が天立神社、奥のさらなる巨石が日向神社。


a7_R.JPG


この神社唯一の建物である拝殿と日向神社


a8_R.JPG


拝殿の上部の看板を拡大するとこのような表記が。


a81_R.JPG


 なるほど最初の2枚岩は京都の天の岩戸神社に天照大神が隠れたときに、その扉を手力男之命が勢いよく開けここまで飛んできたそうな。


a9_R.JPG


多分昔は怪力人間がたくさん存在したに違いない!?


続いて一刀石を見に行くことに。こういう近い場所に存在するのが老体にはありがたい。。。。


a10_R.JPG


参道は土が流れ、木立の根っこが蛇みたいにみえる。


a11_R.JPG


ジャーン! またまた巨石出現です。全く人気のないような所に突如出現!この光景はどっかで見たような???そう同じ奈良の益田岩船を見に行ったときにも同じような光景を体験。


a12_R.JPG


巨石が真ん中より真っ二つに切れてます。


a13_R.JPG



a14_R.JPG


柳生宗厳が天狗と間違って刀を振り下ろした結果との事。斬鉄剣よりも凄い! 


(この写真の右上部に子供らしき姿があるので拡大してみると、、、、確かに人型の物が写ってるようです。ネットで調べたら一刀石を見守る石仏がそこにあると分り一安心)


a15_R.JPG


あっという間に見学完了。今回は重労働の登山がなく、時間が余ったので近くの柳生家の墓所を見に行くことに



a16_R.JPG


柳生家のお墓は芳徳寺にあるのだが、こちらのもみじ橋から行って見るとこれが大失敗。急斜面の参道でくたくたに。


a17_R.JPG


もみじ橋


a18_R.JPG


レッドカーペットならかっこいいが、これ以上の急な斜面を400m上る。


a19_R.JPG


山門に到着。結局この前に駐車場がありK369号線から簡単に来れたのだ。残念


a20_R.JPG


この奥に行くと柳生家累代のお墓が。


a21_R.JPG


各石塔には名前が表記されてるのですがさっぱりわかりません。


a22_R.JPG


でもこの3搭は有名らしく 真ん中の石塔が柳生宗矩 向かって左が宗冬 右が三厳(いわゆる剣豪柳生十兵衛)・・・・あの一刀岩を切り裂いた?


a23_R.JPG


ちょとだけ歴史を垣間見た感じ。


今後も巨石があれば追っていきます。


nice!(42)  コメント(10) 

2017年 巨石文化多数!奈良県山添村ツーリング

11月12日 ちょう寒い中、奈良の山添村へ巨石を見にいく事に。最近は行先決定で悩んでる間に時間だけが経過し結局行けないことの繰り返し。


AM9時尼崎出発。今回は阪神高速から西名阪国道を利用し奈良県の山添ICで降りるルート。 西名阪国道は無料区間もあり結構便利、平日は渋滞がひどいが日曜はガラガラで走りやすい。


山添IC降りるとすぐに山添えふるさとセンターに到着。


y1_R.JPG


この敷地内にど~んと巨大な岩が展示してあります。その名も長寿岩


y2_R.JPG


そのむかしこの地で地中深くマグマが固まり侵食されることなく固まり、地殻変動により地表に現れたそうな。。。


y3_R.JPG


自然に丸く固まるのは不思議。 直径7m 重さ推定600トン


y4_R.JPG


でも横からみるとかなり扁平しています


y5_R.JPG


表面にはいろいろな模様と線みたいなものがありましたがたぶん自然にできたものだと。(一部のパンフには赤道と子午線が表記されているとあるが、、、違う感じ)


次に1kmほど戻り神野山へ入ってみる


y6_R.JPG



y7_R.JPG


途中の塩瀬地蔵。村指定の指定文化財との事


y8_R.JPG



y9_R.JPG



y10_R.JPG



y11_R.JPG


それからすぐのところにこんな看板が。40mくらいなので草木を押しのけ入ってみる。


y12_R.JPG



y13_R.JPG


真ん中の窪みのあるのが大師の硯石。


y14_R.JPG


確かに水は溜まってましたが、、、塩水ではないような。舐めてみる勇気は無かったです。


y15_R.JPG


道路に戻りさらに100mほど進むと鍋倉橋がありその橋の下の川が凄い事になってるとテレビで見ました。


y16_R.JPG


駐車場にバイクを止め橋の下を眺めてみます。 カラス天狗のお迎え?


y17_R.JPG



y18_R.JPG



y19_R.JPG


なんか凄い事になっています!水が流れず岩が流れてるような景色!!


y20_R.JPG


古代人が築いた云々とかかれてますが、地元の方に伺うとここもその昔地表からマグマが噴出し冷えて固まり、帯状の溶岩が侵食によりこのような景色になったとか。


y21_R.JPG


サイドに木製の階段が設けられていて最上部に行くことも可能だがやめておきます。


y22_R.JPG


耳を澄ませるとかすかに岩の下部で水の流れる音が聞こえます。


y23_R.JPG


鍋倉橋の方を見る。同じように岩だらけ。


y24_R.JPG


神野山周辺はこれ以外にも謎の巨石だらけですが、本日のメインイベントである布目ダムのダム湖の東側の山中に鎮座する牛ヶ峯桝型岩へ行くことに。


布目湖をみながら何度も道を間違えましたがようやくその桝型岩の参道入り口に到着。この前に地元の共同墓地がありその駐車場にバイクを止める。


y25_R.JPG


昼間でもうっそうと樹木が生い茂りちょっと躊躇しましたが進むことに。たったの800mで到着するとのこと。。。。あとで山登りの800mがどれだけしんどいか思い知ることに


y26_R.JPG


結構急な階段を進みます。映像はかなり明るいですが実際はかなり暗いです。


y27_R.JPG


途中台風で参道が崩れていて余計に体力が失われることに。。。


y28_R.JPG


こんな斜面地も我慢してすすむと、、、


y29_R.JPG


やっと到着。途中3回ほど休憩しましたがこの巨石を見て疲れが吹っ飛びました!


y30_R.JPG


この巨石はまだ上にある超巨石の片割れとのこと。こちらを岩屋と呼び巨石下部には護摩壇を設けてるとの事。


y31_R.JPG


大きさを比べる為ヘルメットを置いてみる。巨石の大きさはこれでわかるがヘルメットがシャレコウベにみえて不気味な感じになってしまった。


y32_R.JPG


入り口上部にかすかではあるが大日如来の線刻がみてとれる


y33_R.JPG


巨石の下部の護摩壇の様子。


y34_R.JPG


この巨石の片割れが上部に残ってるので更に老体に鞭打ち上ることに


y35_R.JPG


普通の巨石の上に杉が根をはっていました。すごい生命力。


y36_R.JPG


ようやく見えてきました。祠もあります。


y37_R.JPG


写真では小さく見えるようですがここだけに巨大な壁があるように見えます。下の岩が岩屋でこちらは桝型岩と呼ばれてます


y38_R.JPG


その理由がこの写真。祠の上部あたりにこのような桝型の切り込みがありますが何の為かはわかりませんでした。


y39_R.JPG


自然の摂理でこの巨石が割れたとのことだが、こんなにきれいに割れるものかと感心するばかり。 そういえば以前日本海側にある 玄武洞 にいったときに溶岩が固まって綺麗な六角柱になるのを見てきたが、やはり自然のなす業は凄い!


y40_R.JPG


森林浴という優雅な登山ではなく、山中に一人っきり状態で早く戻ろうと降りるのだが下りも結構きつい。いろんな落葉や枝木で足元が滑りやすく慎重に戻ると地元の方とばったり会い山添村のことを色々教えていただいた。

ダムができるということでお墓を移設したり大変だったようです。


ようやく名阪国道の神野口ICまできました。神野山というくらいですので巨石には神様が宿っていたのかも?しれません


y41_R.JPG


名阪国道より阪神高速でまったく渋滞なしで帰宅


走行距離220km  当分は巨石めぐりになりそうです。。。




nice!(59)  コメント(14) 

2017年 パワースポット&命がけ参拝!天の岩戸神社第二弾ツーリング

11月3日 久しぶりの休日と快晴が重なりバイクを駆り出す事に。でもネットで高速道路情報を確認すると・・・・混まない名神も大渋滞!


中止も考えたが、前から行きたかった京都府福知山市の皇大神社近くの天の岩戸神社へ中国自動車道の宝塚ICから行く事に。 前回の京都市東山区の天岩戸神社に続く第二弾であるが今回の神社は凄いらしい


通常は自宅から宝塚ICまでは遅くとも40分位だが3連休初日の今日は90分もかかってしまいこれだけでクタクタ。


地道で時間を浪費したので由良川PAまでノンストップ。ここでトイレ休憩とコーヒータイム。数年前までは寂れたPAだったが今や凄い賑わい。


m1_R.JPG


舞鶴大江ICで高速をおりK175、地方道の532号、9号へと進む。天の岩戸神社の看板が。元伊勢とは外宮豊受大神社・内宮皇大神社・天の岩戸神社の3社の総称との事。


m2_R.JPG


伊勢神宮と同じように五十鈴川が近くに流れています。


m222_R.JPG



m3_R.JPG


地方道9号から天岩戸へ細い道を進みます。軽自動車がやっと通れるくらいの道幅で絶対に対向は無理。車が来ないことを願いつつ進みます。


m4_R.JPG


ようやく到着。妖怪ポストみたいな中に天の岩戸神社のパンフが入っていました。


m5_R.JPG



m6_R.JPG


急階段を降りるとまずは社務所がありましたが無人でした。


m7_R.JPG



m8_R.JPG


社務所のまえで一度拝礼


m9_R.JPG



m10_R.JPG


この天の岩戸の伝説は各地であるようだが、我が出身の宮崎が本家本元ではないかと勝手に思っています。


m11_R.JPG


宮川渓流に鳥居をくぐって降りてみると、、、、


m12_R.JPG


見えてきました!天の岩戸神社(本殿)。


m13_R.JPG


まともな場所に建っていません。磐座と呼ばれる巨岩のしかも斜面に建っています。一瞬、死ぬまでに行きたいと願っている鳥取にある投入れ堂を思い出しました!あちらは簡単にはたどり着けないらしいですが。


m14_R.JPG


最近、近畿地方に台風21号が直撃さらに22号も。二つの台風で近代の建物が被害にあっているのに、この不安定な神社が微動だにしていないのはやはりパワースポットかな?!


m15_R.JPG


左側の巨石が神様が天降った御座石。


m16_R.JPG



m17_R.JPG


さて神社の参拝方法ですが岩の急斜面に鎖があります。


m18_R.JPG


暫く見てるとひとりの方が鎖伝いに登り参拝しました


m19_R.JPG



m20_R.JPG


負けじと私もトライ。結構岩肌が摩耗でツルツルしていてゴム底の靴でないと危ない。バイクブーツで難なく上り切り賽銭をあげ参拝。でも上がる時よりも降りる方がちと危ないような。。。

多分落ちると渓流の岩々で大けが間違いなし?


m21_R.JPG


しかしこの狭い一帯は巨岩だらけで岩戸の伝説が語り継がれるのもわかるような。。。


m22_R.JPG


一人静かにこの不思議な雰囲気を味わかったが、ぽつりぽつりと参拝者が参られるのでこの辺りで退散。 落ち葉だらけの細道を慎重に下り来た道と同じルートで帰る事に。


南丹PAで休憩。このPA内はかなり紅葉が進んでいました。


m23_R.JPG



m24_R.JPG


ネットで渋滞情報を見ると朝方の渋滞が嘘みたいに解消されている。京都縦貫自動車道で大山崎JCTから名神高速利用で尼崎へ


PM3時半帰宅 走行距離260km いきしなは持病の右手のしびれが酷かったが、参拝以降和らいだ。しかもバイクまでの調子が良くなったような気がする。


一応参拝効果としておこう。。。。


nice!(56)  コメント(18) 

2017年 ワンピースとコラボ・京都大覚寺幽玄ツーリング

10月18日 会社は休みだが大覚寺でワンピースとコラボ展を実施してるとの情報を得行ってみる事に。午後2時には東京出張で戻らなければならないが、、、

 コラボ展は10月22日までで、相当混雑するとの事で本日のチャンスを活かすことに。

バイクをかっ飛ばし10時出発。1時間ちょっとで大覚寺到着。途中造園業者さんの入り口にモアイみたいな石造が飾ってあったのでパシリ!


d1_R.JPG



d2_R.JPG


大覚寺駐輪場にバイクを止める。


d3_R.JPG


参道を進むとワンピースの案内板だらけ。


d4_R.JPG


全くの和風庭園の中にアニメの看板も違和感があり過ぎて面白い!


d5_R.JPG


集英社と京都市の全面コラボとの事。なぜ大覚寺なのかは不明。土日は相当混雑するとの事。平日の11時過ぎだがかなりの見物人。しかもワンピースとあって海外の方々が多い。


d6_R.JPG


大覚寺門をくぐって中へ。拝観料は500円・・後で思えば相当安いと思えた


d7_R.JPG


入るとすぐにワンピースと歴史上の出来事がコラボした衝立がどんどん出てきます。


d8_R.JPG



d9_R.JPG


貼付け用のコラボ御朱印紙は売り切れてました!


d10_R.JPG



d11_R.JPG


大覚寺は初めての参拝ですが、ワンピース展をやっていなくても非常にいいお寺だと感じました。


d12_R.JPG



d13_R.JPG



d14_R.JPG



d15_R.JPG


いまや襖絵もアニメになりにけり。。。。


d16_R.JPG


中庭を囲む村雨(むらさめ)の廊下も素晴らしい!!


d17_R.JPG


御影堂。ここでいったん敷地におります。この前に石舞台があり普段はその前の庭は白石庭園と呼ばれてますが、期間中は巨大なワンピースの枯山水画が描かれてます。


d18_R.JPG



d19_R.JPG



d20_R.JPG


50cmほどの高さの石舞台からカメラを高く掲げ精一杯撮った写真がこれ


d21_R.JPG


前方の門は 勅使門


d22_R.JPG


なんかよくわかりませんが、舞台横に上部から撮影した写真がありました。全貌はこんな図です。


d23_R.JPG


この巨大枯山水画が見れるように高見台があるかと思ったのです、、、残念でした。


d24_R.JPG


次の安井堂、五大堂にもワンピースの絵巻が。


d25_R.JPG



d26_R.JPG



d27_R.JPG



d28_R.JPG


最後に五大堂から見る大沢池。木製のステージが設けられていて池を望むには絶好の場所です。


d29_R.JPG



d30_R.JPG

ちょうど12時半になったので今から尼崎に戻り出張の段取りをしなければ。またあっという間に戻るのですが、大覚寺は紅葉の季節にもう一度行きたいお寺となりました。




nice!(56)  コメント(10) 

2017年 京都・パワースポット!天の岩戸くぐりと幻の銅閣寺ツーリング

暫く国家資格の勉強の為ブログはおろかネットも控えてましたが、試験も終わりやっと解放されましたー。

また普通にUPするとともに皆さんのブログにも訪問していきますので宜しくお願いします。

10月11日 京都の東山区の山奥に天の岩戸伝説がある日向神社があるとの事で行ってみる事に。


最近様子をUPしていない訪問スズメもまた増えてきました。ベランダのBSアンテナ周りに数匹がとまり様子を見てから部屋に侵入してきます


h1_R.JPG



h2_R.JPG


いまだに朝7時にこの光景が続いています。パンを十分に与え出発。

名神尼崎ICから京都東でおり地方道143号を西へ。 軽自動車がやっと通れる山道へはいりひたすら進むと日向神社に到着。途中他人の敷地へ続く道路と知らず上り坂でUターンしたら見事に立ちごけ!このバイクで2回目。同じ右側でショートカウルが傷だらけになってしまった。

これはちゃんとお参りしておかないと。。。。。 


日向神社のパーキングにバイクを止める。平らな場所はここぐらいであった。


h3_R.JPG


山の中の小さな神社だが、社殿は伊勢神宮にも負けず劣らず立派な造り。


h4_R.JPG


ちゃんと外宮・内宮とそろっています


h5_R.JPG



h6_R.JPG



h7_R.JPG



h8_R.JPG


目的は社殿ではなくここ。そうパワースポットと呼ばれてる天の岩戸へ


h9_R.JPG


すぐに天の岩戸に到着。


h10_R.JPG


なんとなく炭焼き小屋ふうな・・・・


h11_R.JPG


一礼してさっそく岩戸くぐりを体験。中はちょうどL型に曲がっていてその角に天手力男(あめのたじからおのみこと)を祀る戸隠神社が。


h12_R.JPG


天手力男は天の岩戸に隠れた天照大神を外へ出す為に重たい岩戸を開けたとか。


出口はこんな感じ


h13_R.JPG


やはり失礼だが炭焼き小屋にしか見えないが。 2回くぐりましたが、バイクの立ちごけが悔やんで晴れ晴れな気にはなれませんでした!


h14_R.JPG


気分転換の為、近くの八坂神社によりその南側に鎮座する大雲院に寄ってみる事に。


h15_R.JPG


この中に祇園祭に登場する鉾を模した祇園閣とよばれる楼閣があります


h16_R.JPG



h17_R.JPG


奥の塔みたいなものが祇園閣でたまーに公開されるそうですが基本非公開になっていて知らない方が多いかも。


h18_R.JPG


本当に鉾の形をしてますねー。 建築家・伊藤忠太氏の設計で今では国登録有形文化財に登録されています。


h19_R.JPG

金閣・銀閣に続く幻の銅閣寺と呼ばれていて、テレビ番組の〇×クイズで出題されたそうだ。正解は銅閣寺も存在する・・・答えは〇


一般的ではないようで知らない方のほうが多いと思うが、まだまだ面白い神社仏閣はありますねー。



nice!(40)  コメント(2) 
前の10件 | -